2017年10月16日

[はじめます]朝の農園見学会!

みんなのうえん 見学

これから毎週火・水・木曜日の朝は、どなたでもみんなのうえんを見学していただけます!

当日は農園スタッフが、みんなのうえんの特徴やコース内容、畑メンバーの様子などをご説明いたします。
みんなのうえんの活動や畑の利用にご興味を持っていただけた方は、お気軽にお申し込みください◎

◆日程◆
・毎週火・水・木曜日(平日)
・朝8:00〜9:30(この間でご希望の時間を添えてお申し込みください)

※天気や事業予定によっては上記時間帯でも農園スタッフ不在の場合がありますので、基本的にご予約をお願いいたします。
※予約なしでご来園いただいた場合でも、農園スタッフが勤務中であれば対応可能です。
※予定が合わない方は別途、日程調整が可能です。その場合はご希望の日時を教えてください。

◆予約方法◆
お名前、お電話番号、メールアドレス、ご希望の日時を添えて、
メール・問い合わせフォーム・お電話のいずれかでお申し込みください。

・メール info@minnanouen.jp
・問合せフォーム http://minnanouen.jp/form
・電話 06-6654-8830

当日は畑に入りますので、汚れてもよい格好、普段着でお願いします(長靴はお貸出し可能です)。
みんなのうえんのご説明を通じて、畑のある暮らしのイメージを膨らませていただけると嬉しいです!

お問い合わせお待ちしております。
posted by みんなのうえん at 17:16 | Comment(0) | その他お知らせ

2017年09月29日

[レポート]第1回みんなのジビエ料理教室!

みんなのうえん ジビエ

みんなのうえんでジビエ料理のイベントを定期的に開催してくださっている「山肉デリ」さん。
今回は調理方法を詳しく伝授してくださる料理教室の、記念すべき第1回!
「ジビエは食べる専門」のスタッフがお邪魔してきました〜。

〈調理から参加〉or〈お食事会&交流会から参加〉、どちらか選んで参加するスタイルだった今回のイベント。
ジビエ専門のお肉やさんから調理方法を学べる機会はなかなかない!と、調理から参加するコースはすぐに満席になる人気ぶりでした。

みんなのうえん ジビエ

当日は山肉デリ店主の井上さんのジビエのお話からスタート。

今回扱う仔猪は今年の春に生まれた個体で、いわゆる「うりぼう」とは異なること(うりぼうは生まれたてで縞模様がある)。
猪は1回の出産で3頭くらいの仔を産むけど、野生の過酷な環境で死んでしまうものも多いこと。
「猪肉=ボタン鍋」で濃い赤身肉を思い浮かべる人が多いけど、仔猪はキレイなピンク色をしていること。

仔猪について教えていただいた後はレシピの説明もそこそこに、さっそく調理実習へ。
主催の井上さんが実演しながら、お肉を扱う時のポイントや筋取りの仕方、ちょっとしたコツをレクチャー。

みんなのうえん ジビエ

みんなのうえん ジビエ

参加者の中には「パックされたジビエ肉を知人にもらうけど、どうしたらいいか迷ってた」という方もおられて、一つひとつの工程に見入っておられました◎

みんなのうえん ジビエ

△レクチャー中の井上さん、いいお顔〜^^
持っておられるのは「ヒレ肉」。豚のヒレ肉を見慣れていると、かなり小さく感じます!
同じ生後半年くらいでも、こんなに大きさが違うんですね。

今回の調理メニューは、猪肉の
*グラタン
*辛子酢味噌和え
*サムゲタン
*炊き込みご飯
でした。

みんなのうえん ジビエ

みんなのうえん ジビエ

みんなのうえん ジビエ

酢味噌和えの配合はジビエ肉に合うようにと配合を変えておられるそう。
炊き込みご飯には珍しいアボカドは、ジビエの脂とよく合うそうです!

こういう小さなポイントを知れるのは、プロ直伝の料理教室ならではですねー◎

お昼すぎ、お食事会から参加の方もぽつぽつ合流。
テーブルにはどんどん料理が並んでいきます。

みんなのうえん ジビエ

みんなのうえん ジビエ

できたものからみんなでよそって、お食事会スタート!
母乳と草しか口にしていない野生の仔猪は、おどろくほど臭みがなくて食べやすいそうですよ^^

みんなのうえん ジビエ

おいしい料理とお酒、ジビエのお話で大盛況な1日になりました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

さっそく次回の料理教室日程が11月26日(日)に決定しております◎
今回ご都合が悪かった方、「あっという間に調理からコースが埋まってしまった」という方は、ぜひご参加くださいませ♪
posted by みんなのうえん at 17:18 | Comment(0) | 食のイベントレポート

2017年09月22日

[レポート]子どもたちと一緒に!秋野菜体験コース開始!

秋コース体験 (18).jpg

はじめまして。
みんなのうえんのインターンシップに参加している野崎と言います。
イベントのお手伝いを通してまちづくりの勉強中で、今回はブログに挑戦します。
文章書くのが下手ですが、一生懸命書くので読んで頂けたら嬉しいです!

アスファルトだらけの街中では、長靴をはいてスコップを持つなんてことはなく、時間も考えず家族とゆっくり過ごせる場所も少ないのではないでしょうか。
みんなのうえんではみなさんに、スローライフを体験してもらおうと、スタッフと一緒に野菜を育てる、秋野菜体験コースを開催中です。

今回の体験コースに参加してくださったのは、未就学のお子さんとそのお母さんの3名。
植え付ける野菜は
・オレンジ白菜
・紫キャベツ
・大根
・かぶ
・にんじん
の5種類です。

秋コース体験 (4).jpg

秋コース体験 (19).jpg

まずは耕された畑を手で平らにならしていきます。
ぽんぽんと叩くのでははなく、土を固めてしまわないようにやさしく撫でるようにします。
ついでに根っこなども引き抜いていきます。

畑の準備が整ったら、野菜の植え付けです!
子どもたちは待ってましたとばかりに、目をキラキラと輝かせ、畑にスタンバイ。
一つの畝にはオレンジ白菜と紫キャベツを植えていきます。
葉物の野菜はいきなり種を植えてしまうと、すぐ虫に食べられてしまうので、あらかじめ苗まで育てています。

秋コース体験 (5).jpg

スタッフがこの日のために育てた苗を1つ1つ手渡ししていきます。
大切に育てた苗が私たちの手元を離れるのは寂しい気もしますが、苗を手にした子ども達の様子を見ていると、こちらもなんだか嬉しくなってきます^^

等間隔で並べたら、穴をあけて植えていきます。
ここでも土を固めてしまわないように、ふんわり優しく土をかけていきます。

秋コース体験 (6).jpg

秋コース体験 (8).jpg

秋コース体験 (10).jpg

もう片方の畝は大根、かぶ、にんじんの種を植えます。
根菜は直接種を植えていきますが、子どもたちにとって種は小さすぎて掴みにくいみたい。
お母さんにサポートしてもらいながら植えていきます。

秋コース体験 (12).jpg

秋コース体験 (17).jpg

秋コース体験 (16).jpg

△植え付け完了!
嬉しくって畝の間を走っています。

水やりをして終了のはずですが、ここでハプニング。
2人にはホースがとても魅力的に見えたようで、ホースの奪い合い合戦勃発!

秋コース体験 (13).jpg

秋コース体験 (14).jpg

お母さんが仲裁に入り、水やり範囲を半分ずつにしてくれましたが、最終的に2人ともびしょ濡れに。
まだ暑くて良かった。風邪ひかないようにね。

秋コース体験 (15).jpg

△ホース巻取り中。後片付けもお手の物です。


体験コースに参加してくれた子どもたちは無我夢中で土を掘り返し、苗を植え、水をやり、そんな姿を見てお母さんも素敵な笑顔になってくださいました。
体験コースが終わった後、事務所でカメラの写真を見返すと、子どもたちの姿に涙が出そうになり、そういうパワーって素敵だ!と1人で感動していました。

秋コース体験 (7).jpg

ところで、お子さんの1人はキャベツと白菜が食べられないよう。
「自分で作ったお野菜は食べられるよね!」というお母さんの声に返事はありませんでしたが、きっと好きになってもらえる、元気に育てー!と心の内で祈っています。


/////////////////////

今日のブログで体験コースに興味を持ってくださった方は、こちらの記事をご覧ください!
[参加者募集]3か月限定!秋野菜の体験コース
お問い合わせお待ちしております!

/////////////////////
posted by みんなのうえん at 10:10 | Comment(0) | 農のイベントレポート

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局