2013年05月20日

FABLAB Kitakagayaとロゴ刻印WS!

ss_IMG_6589.jpg

5月20日、新しく北加賀屋に拠点を構え4月に正式オープンを迎えた「FABLAB Kitakagaya(ファブラボ きたかがや)」さんと一緒に、いつも北加賀屋みんなのうえんで使っている農具にロゴマークを刻印するワークショップをおこないました。

少し前になりますが、まだファブラボさんがオープンに向けて準備を進めていた1月に、農園メンバーとコラボで何がつくれるかを検討するワークショップを行いました。
その時に決まったプランのひとつである、「農具にステンシル」をコラボ作品の第一弾として一緒に制作させていただきました!


まずはFABLAB、北加賀屋みんなのうえんとお互いに自己紹介。

FABLAB kitakagayaでは、専門家だけではなく、モノづくりをしたいと思う様々な人に使ってもらいたいという思いがあり、今後地域との連携を強めていきたいとのこと。今回のコラボがそのモデルとなるように期待も込め、今日のワークショップに望みたいと思います。

まずは、今日ロゴを刻印する農具を確認しました。

ss_IMG_6610.jpg

大小様々な農具がありますね。スコップ、熊手、クワなど、種類によって持ち方や収納の仕方が違うためロゴを入れる位置も微調整が必要そうです。

簡単に作業内容を確認した後、施設や機械を案内していただきました。

ss_IMG_6664.jpg

これは入り口にあるサイン。
右上のモノは、革にFABLABのロゴが刺繍されています。これは自動で図案を縫い付けてくれる“刺繍マシン”で制作したとのこと。
その下のモノは板にロゴがくりぬかれています。こんなに細かい加工もできるんですね!

早速中に入ってみましょう!

ss_IMG_6627.jpg

これは今日もメインで使う“レーザー加工機”です。レーザーで木材のカットや焼き印の様な加工もできます。パワーとスピードを調整して、加工の度合いを変えられます。現在も色々な素材で実験していて、加工データを集めているとのこと。

ss_IMG_6723.jpg

これは3Dプリンター。普通のプリンターは紙に印刷する2Dのものですが、これは紙と同じ要領で、立体物を生成してくれるプリンターです。紙のコピーと同じように、モノのコピーができる時代。すごいですねっ!
日本でデザインしたサンダルを、アフリカの国で出力するなんて事例もあるとのことでした。FABLABのネットワークは世界中に広がりつつあるので、この技術があれば色んな問題を解決していけそうです。

この3Dプリンターではこんな細かいモノもつくれます。

ss_IMG_6698.jpg

今はやりの“ももいろクローバーZ”のロゴマーク!
すごいですね!

ss_IMG_6674.jpg

これは5月に入ったばかりの“CNCルーター”。ここで一番大型の機械で、かなり大きな木材
の加工ができます。
カットだけではなく、この写真のような細かい模様を入れるような加工もできます。
こちらはまだ調整中。今後は、是非みんなのうえんとのコラボでも使ってみたい!

施設を一通り案内していただいた後は、農具に入れるロゴの大きさと位置をみんなで検討していきます。
農具についてひとつずつ丁寧にデザインを考えて行きます。

ss_IMG_6745.jpg

大きさに加え、
「ロゴマークの顔と“北加賀屋みんなのうえん”の字の両方」
「みんなのうえんの字だけ」
「ロゴマークの顔だけ」
など要素のパターンも検討ました。

みんなで検討している内に、並行して行っていたレーザー加工機での焼き印の試作が完成しました!

ss_IMG_6760.jpg

ss_IMG_6782.jpg

綺麗にロゴマークが入っています。円形になっているので照準が合わないかもという不安があったのですが、かなりキレイにマークが入りました。これで農具にも刻印が入れられると一安心。

そして実際の農具に刻印したのがコチラ!

ss_IMG_6832.jpg

焼き印の色とスコップの木目の色あいがカッコいい!
メンバーからも「ロゴが入ると俄然愛着がわくねー!」という歓声があがりました。

小さな農具は焼き印をいれていきますが、大きな農具はレーザー加工機に入らないので、ステンシルでマークをいれていきます。

ステンシルの枠になるシートはこの機械で切り出します。

ss_IMG_6771.jpg

これは“クラフトロボ”といって、紙をデータ通りにカットしてくれる機械です。
これを使って、カッティングシートに正確なロゴを出力します。これも刃の入り具合などかなりの微調整が必要です。
最先端の機械でも人間の感覚がとても大切なんですね。

切り出した枠を身長に剥がし、農具に貼付けます。

ss_IMG_6732.jpg

ss_IMG_6799.jpg

次に色を塗っていきます。

ss_IMG_6805.jpg

そしてしばらく乾燥させて、シートを剥がしてみたのがコチラ!

ss_image1.jpg

レーザーでの焼き印はコチラ!

ss_image2.jpg

農園に必要不可欠な全ての農具にロゴマークが入りました。
今までも大事に使ってきましたが、これからはより一層大事にしていきたくなりますね。

最後はみんなで完成した農具を掲げて集合写真。

ss_IMG_3083.jpg

今回は第一回目でしたが、今日の体験を活かして少しずつステップアップしながら、難易度もあげながら、今後もFABLAB Kitakagayaさんと一緒にオリジナルのモノを作っていきます!


FABLAB Kitakagayaのホームページ:http://fablabkitakagaya.org

posted by みんなのうえん at 02:41 | Comment(0) | FABLAB Kitakagaya・國府理「みんなカーゴ」

2013年01月12日

FABLAB Kitakagaya とモノづくり検討会議!

ss_IMG_5106.jpg

北加賀屋の協働スタジオ“コーポ北加賀屋”に来年4月から新しく拠点を構える「FAB LAB Kitakagaya」さんと一緒にワークショップをしました。

「FAB LAB」とは・・・

FabLab(ファブラボ)とは、3次元プリンタやレーザーカッターなどのデジタル工作機械の普及によって実現される「新しいものづくり」の可能性を、集う多様な方々と共同で開拓していくための実験工房です。現在、草の根的につながっている30ヶ国以上に広がる地球規模のネットワークの一部でもあります。国内外のFABネットワークとゆるやかに連携しながら活動しています。
[http://fablabjapan.org]


現在日本では、鎌倉、筑波、渋谷の3つの拠点があり、この北加賀屋は4つめで、関西初のFABLABということで、大きな注目を集めています!


FABLAB KitakagayaさんのHP:http://fablabkitakagaya.org



今回、オープンにむけての準備でお忙しい合間をぬって、北加賀屋みんなのうえんとのコラボモノづくりの為にお集りいただきました!

今回のワークショップのテーマは、「ファブラボのテクノロジー機器を使ってつくれる、農園に欲しいものを考えよう!」というもの!!
手作業ではなかなか作れなくて諦めていたものも、FABLABさんの機械をつくれるようになるかも!?ということで、

【FABLAB でできること】
【みんなのうえんで欲しいもの】

をお互いに出し合い、コラボで制作するモノを決めようというものです。
色々なFABLABさんでの制作の事例をみながら「こんなこともできる!」ということが分かれば、モノづくりの可能性を拡げることができそうじゃないですか?

まずは、「FAB LABってなんなの?」ということで、FAB LAB Kitakagayaの白石さんに『FAB LABでできること』を動画を交えながら紹介していただきました。

<ss_IMG_4996.jpg

そのときの動画はコチラ


コンピューターに入力した図面通りに、自動で木材を削りだしてくれる機械など、見たことがない加工技術に、終始みなさん驚きっぱなし・・・

スゴいです!

ss_IMG_4997.jpg

その後はstudio-Lの曽根田さんから、今回のワークショップの進め方について説明していただきました。

ss_IMG_4979.jpg

今回は、
・FABLABでできることカード
・みんなのうえんで欲しいものカード(以前のWSの意見を元に作成)
を事前に用意しておき、そのカードをお互いの意見を出し合いながら、
「WANT(欲しいもの)」
「NEED(必要なもの)」
「CAN(つくれるもの)」
という3つの円の中に配置していきます。
そのときに、他の意見に触発されてでてきた新しいアイデアは、どんどん付箋紙にかいて追加していきます。

そうやって情報を整理していって、最終的に3つの円が重なる部分が今回つくるものになる!というモノです。

早速、まずはカードを見ながら整理していきます。

ss_IMG_5007.jpg

FABLABさんのカードを見ながら、一つ一つ丁寧に機械でどんなことができるのかという説明をしていただけました。

それを聞いて、メンバーのモノづくり魂にも火がつき、議論も白熱。

ss_IMG_5144.jpg

途中で、実際に持ち運べるFAB機材の「クラフトロボ」でデモンストレーションもしていただきました。

これが、クラフトロボ。

ss_IMG_5128.jpg

これは、図面通りに紙をカットしたり、切り抜いたりしてくれます。
ブログ初めの画像は、実はクラフトロボで実際に切り抜いたものでした!

さらに切取りデータさえあれば、こんなものも簡単につくれます。

ss_IMG_5037.jpg

データと機械さえあれば、世界中どこでも同じものができるのってすごいですね。

そして途中では、農園サークル活動「こんだて部」の記念すべき第一回目”テリーヌ“が振る舞われたりも。

ss_IMG_5098.jpg

かなり美しいできばえに大興奮!お味も素敵でした^^

そしてそして、FABLABメンバーの方が、FAB機械でつくった、手作り飛行機を披露!

ss_IMG_5115.jpg

ラジコンの要領で羽根がぱたぱたと動き、空を飛びます。狭い事務所ですが、飛ばしてみました!

その後もひきつづき話し合いを行い、つくるものが3つ決定しました!

それは実際につくったときまでのお楽しみにしようと思います!
モノづくりは少し先になりますが、5月に行う予定です。
乞うご期待!

posted by みんなのうえん at 00:00 | Comment(0) | FABLAB Kitakagaya・國府理「みんなカーゴ」

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局