2016年07月03日

[レポート]トークセッション「土はどこから生まれるのか?」

土はどこから生まれるのか

「土はどこから生まれるのか?」

農園をやっていると、もちろん避けては通れない「土」のこと。
身近なようで、どうすればいいのかわかりにくい存在でもあり・・・。
様々な商品や情報が溢れているように見えて、その土がどうやって作られているのかはよくわからないという実感があります。

日本では有機農業の現状では、あまり自作で土を作ることはされず土や堆肥は購入されることが多いようです。
それに比べ海外では自分の畑の土は自分で作ることがかなり根付いているそう。

今回は、そんな土の謎や、土本来が持つ力を学ぶために、リビングソイル研究所の西山雄太さん、みんなのうえんアートプログラムを一緒に進めている淀川テクニックの柴田英昭さんをお招きし、土についての勉強会を開催しました。

土はどこから生まれるのか

集まったメンバーは、みんなのうえんの畑メンバーを中心に、様々な形で農に関わる方々。
みなさんやはり、とても関心が高い方ばかりでした。

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

プログラムでは、自己紹介の後、まずは西山さんにお話をお伺いしました。
これまでに西山さんが見てきた、管理されていて良い状態の土とそうではない土が、どういう機能性の違いを持つのか。管理コストを長期的に見れば、どちらが得なのかといった合理的な説明で、いかに土を作ることが必要かを教えていただきました。

そして日本はまだまだ土の元となる枯れ草などが「ゴミ」扱いされていると。

この辺りは、淀川のゴミや漂流物にアート作品としての新たな価値を与える作品を作ってこられた、淀川テクニックさんにも通じる部分があるように感じました。

お話を聞いた後は、みんなのうえんの畑を見ながら、実際に有機物が土に帰っていく仕組みやプロセスについて土に触れながら見学。

土はどこから生まれるのか

思っていたよりもシンプルで簡単な土の循環。
ただ単に積んでいただけの枯れ草でも下の方では、様々な生き物がうごめき、土が作られていました。

巷で良くある「生ゴミコンポスト」は匂いや虫などが発生し失敗することも多く、そのせいでコンポストのイメージがとても難しいものと思われていることも大きな日本の特徴のようです。
また、農法にとらわれず、土地に合わせた良い土を作る方法を考えることが重要だとも教えていただきました!

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

これは微生物の粘液などで作られた団粒上になった土。
この土はスポンジのように水分を蓄え、無駄な水分は放出する機能性があり、この土が増えると保水性と排水性を兼ね揃えたいい土になります。


サロンに戻った後は、参加者も交えてディスカッション。
様々な質問が飛び交い、今すぐにでも実現可能なアイデアや、今後の展望などが話されました。

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

前年12月に行われたノグソフィアの伊沢さんのお話と、今回の学びを踏まえて、淀川テクニックの柴田さんとオリジナルのコンポストを作っていきます。
そして、みんなで楽しい土づくりを展開していきます!

乞うご期待です!

posted by みんなのうえん at 23:08 | Comment(0) | 農のイベントレポート

2014年09月02日

[レポート] みんなのうえん縁日

s_MG_2398.jpg

8月10日に実施予定だった「みんなのうえん縁日」。
北加賀屋みんなのうえんを利用しているチームコースのメンバーが、自分達が育てた野菜を使って作ったオリジナルシロップのかき氷のお披露目をメインとしたイベントです。
先日の台風11号の影響で中止になりましたが、せっかく開発したかき氷をお披露目しないのはもったいない!ということで、延期開催が決定しました。

今回はその様子をレポートしたいと思います◎


前日の天気予報では午後から雨との予報となっており心配していましたが、1度も雨が降ることもなく無事開催することができました。

朝からイベントの準備がスタート。
今回カフェで提供するカレーのトッピング野菜や、案内看板の作成など、着々と準備が進んでいきます。

s_MG_2360.jpg

s_MG_2372.jpg

本日のメニューはこちら。

s_MG_2391.jpg



今回のメインとなるかき氷のメニューはこちらです。

s_IMG_8624.jpg

10536917_749205788454896_4199971167110629531_n.jpg


写真右上が@の「シソシロップとトマトシロップの手作り練乳がけ」です。
あまーいトマトジャムに、赤いシソシロップと手作りの練乳がかかった、野菜っぽさがなく甘くて子供にもとても食べやすいかき氷でした。

写真左下がAの「彩いろ野菜寒天 レモンシロップがけ」です。
3色の寒天は、赤トマト、黄色トマト、キュウリ&キウイの寒天です。そこに甘酸っぱいレモンシロップをかけた、夏らしい爽やかな寒天でした。

写真左上がBの「ジャガイモ練乳シロップ」です。
ジャガイモのホクホク感と、練乳の甘さがちょうどいいバランスで、新鮮なおいしさでした。
お好みでコショウをかけていただきます。

3チームとも個性的なかき氷です。

イベントスタート時刻の11時になりました。
始め告知していた日程から、急遽延期になったこともあり、「お客さんどれくらい来てくれるんやろうかー」と話していたとき、1組のご家族がいらっしゃいました。
それからもう1組、さらにもう1組…

気づけば農園のサロンはお客さんでいっぱいになっていました!

s_MG_2432.jpg

キッチンの中では、メンバーが慌ただしくかき氷やお客さんに提供する料理を作っています。
休憩する暇もないほど大忙し。嬉しい悲鳴です!

来ていただいたお客さんには、農園のメンバーの友達や、「夏休み最後のイベントを探していて」という方、「以前雑誌でみんなのうえんのことを知って、いつか来てみたいと思っていたんです」という方など、多くの方が来てくれました。中には京都からわざわざ来て下さった方もいらっしゃいました!

メンバーオリジナルのかき氷も好評で、「とってもおいしいですね!」というお言葉をたくさんいただきました。
お客さんの「おいしいです」の言葉と笑顔に、なんだかほっとします。
小さいお子さんにも好評でした!

s_MG_2408.jpg

今ではみんなのうえんのシンボルになりつつあるパラボリックファームは、大人にも子供にも大人気でした!

s_MG_2563.jpg

s_MG_2403.jpg

午後からは農作業体験。

秋野菜を育てるために、残ってる夏野菜の収穫から、終わった作物を取り除き耕してから、種をまくところまで体験してもらうという、他にはなかなかない体験です。

s__MG_2570.jpg

まずは、みんなで一番楽しい収穫。
思っていたよりもたくさん作物が実っていて、収穫するだけでもかなり大変でした!

s__MG_2529.jpg

以前訪問した奈良のレストラン粟(そのときの記事)でいただいた大和野菜の紫とうがらしやひもとうがらし、黄金まくわ。去年百菜劇場さんにいただいたゴールドピーマンやバナナピーマンなどの珍しい野菜も実っていたので、みなさん初めてみる野菜に驚かれていました。

シソやバジルもとても元気で、普段スーパーでしかみかけない野菜のたくましい姿にも「お〜っ!こんな風になっているんだ!」と関心の声。

s_IMG_2483.jpg

たくさん収穫して、みんなで野菜を均等にわけました。
その後は、時期が過ぎた野菜を取り除いたり、苗床をつくって種を蒔いたりしました。

s__MG_2547.jpg

2時間くらいの作業でしたが、こどもたちが最後まで集中して頑張ってくれたので感動でした!
イベントも11時から18時まででしが、お客さんが止むことはなく、大盛況となりました。

無事イベントが終了し、みんなでお疲れさまの乾杯!

s_MG_2611.jpg

とても慌ただしい1日でしたが、多くの方に農園を楽しんでもらえ、充実した1日になりました◎

次回のみんなのうえん祭の計画も、これからメンバーと一緒にどんどん進んでいきます。みなさん、お楽しみにしていて下さい◎

<みんなのうえん祭、10月19日(日)開催! 詳細は[コチラ]


posted by みんなのうえん at 14:20 | Comment(0) | 農のイベントレポート

2014年08月25日

みんなのうえん縁日 今週末に開催!

ennichi-919ff.jpg

8月10日に開催予定だったみんなのうえん縁日が台風の影響で延期になりましたが、いよいよ今週末に開催します!

当初は夏野菜の収穫体験ツアーを実施予定でしたが、時期がずれたこともあり、今回は残念ながら中止になりました。
その代わり、「畑仕事体験」を実施します!
畑を耕したり、秋野菜の種まきも行います。
みんなのうえんで畑体験をしにぜひお越し下さい(^^)

参加ご希望の方は第2農園に15時に集合して下さい。
動きやすい汚れても構わない服装でお越し下さいね。


|イベント詳細|
日時:8月31日(日) 11:00 - 18:00
場所:みんなのうえん 第2農園
住所:大阪市北加賀屋5-2-29
内容:
・メンバー特製かき氷
・みんなのうえん オリジナルチキンカレー 〜グリル野菜のせ
・ビール
・ソフトドリンク
・和歌山 みなべの梅を使った自家製梅ジュースシロップ
・フランクフルト
・畑仕事体験(15時〜17時)

当日の緊急連絡先:06-6654-8830


最近不安定な天気が続いていますが、今週末こそは晴れて楽しく開催できるよう、祈りましょう!!




posted by みんなのうえん at 18:04 | Comment(0) | 農のイベントレポート

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局