2012年09月22日

農園設備施工1日目 - レンガ舗装工事 -

農園設備施工工事がはじまりました。

4日間の工事で、
・パーゴラ(藤棚)
・レンガ舗装
・枕木立水栓
・農具倉庫の収納
をつくっていきます。

1日目は、材料調達や、現場での細かい調整を行い、レンガ舗装の工事から取りかかりました。

レンガ舗装する範囲は、農具倉庫の中から入り口までの間で、約14平米、レンガ約700個分です。

農具倉庫前は土壌入れ替え前の砂利やガレキの多い状態だったので、まずは表面の荒い砂利を取り除きました。

1.jpg

2.jpg

レンガ700個を並べた様子。すごい量です。

レンガの施工は一般的な交互に敷き詰める方法で行います。
施工面に農園の粒子の細かい土を少量まき、元からの砂利っぽい路面を水平にならしていきます。ならした箇所から随時、踏み固めていきました。
固まって水平になったところで、入り口側からレンガを敷き詰めていきます。

3.jpg

レンガは、モルタルを砂の上に敷き一つ一つ置いていき、ゴムハンマーや素手でたたきながら、高さの微調整をしていく、思ってたよりも繊細な作業でした・・・!

4.jpg

農園のメンバーもレンガ敷きに参加して、一緒に床をつくっていきます。
大工さんのレクチャーを受けながら、慎重にレンガを置いていきます。

5.jpg

はじめてみるモルタルにびっくり。

レンガ敷きと並行して、パーゴラに使う木材に防腐剤を塗るといった作業を一緒に行いました。
メンバーのお子さんも参加していて、終始初めての体験に興奮気味でした!!

6.jpg

7.jpg

また、レンガの脇にはパーゴラに這わす植物を植えるために深さ30cmほどの穴を掘り、農園の土にぼかし肥料を混ぜ込んだ土を入れました。

8.jpg

この日はレンガ施工の2/3ほど完成しました。

翌日の23日も工事予定でしたが、あいにくの悪天候だったため工事を延期しました。

あと3日で設備ができあがります。

乞うご期待!!
posted by みんなのうえん at 00:00 | Comment(0) | ものづくりイベントレポート

2012年08月28日

看板づくりWS開催しました

8/25 、各チーム毎にオリジナルの看板づくりを行いました。今回作った看板はチーム名が書かれていて、チームの顔になる重要な看板です。
今回の看板づくりは、作り方やデザインの方向性についてドットアーキテクツさんに監修していただきながら考えました!
当日は向井さんに形の美しさや、工具の正しい使い方についてレクチャーしていただき、メンバーの看板づくりもサポートしていただきました。

1.jpg

2.jpg


看板に使う木材は、農具倉庫と同じ、北加賀屋の旧家具工場の資材置き場に残された、立派な木材を使いました!
大きさの上限、使う素材、フォントの色は全チーム共通のルールとしてデザインに統一感をもたせながら、看板のカタチ、チーム名のフォントなどで、各チームの個性を出しています。

向井さんのレクチャーの後は、それを踏まえてチームで、看板の大きさ、フォントの位置などを検討します。

3.jpg

4.jpg

検討は模造紙を使って原寸大の検討と、実際の木材をみながら行いました。
木材特有の曲線を活かしたり、キレイに見える形のバランスを考えます。

5.jpg

看板の大きさが決まったら、使いたい木材を選び、手のこでカットしていきます。

6.jpg

工具を普段あまり使わないメンバーですが、力を合わせてどんどん木材をカットしていきます。
ちょっとした四角形のバランスで、印象が大きく変わるので丁寧に大きさを考えて、カットしました。

7.jpg

看板の杭につかう角材も先端を尖らせていきます!

カットができた木材から、チーム名をいれていきます。

8.jpg

パソコンで出力したフォントをもとに、キレイに書いたり、フリーハンドで柔らかさを表現したりなど、それぞれのチームの特色がでるやり方で名前を入れました!

9.jpg

10.jpg

完成した看板はこちら!!

11.jpg
杭を取り付けて、農園に設置するのはまた後日になりました。

[12.jpg

13.jpg

その後は、北加賀屋クリエイティブファームに代わる農園の愛称について、現状で出ている案の整理をおこないました。

大きくわけると、
カタカナを使ってかっこいい名前にするのか、
わかりやすい単語や親しみのある言葉を織り交ぜてキャッチーな名前にするのか、
普段農作業をして感じたことや印象的なものごとからつけた名前などにわけられました。


愛称は次回、それぞれが持ち寄った案を発表し、みんなで議論して決めることになりました。
posted by みんなのうえん at 00:00 | Comment(0) | ものづくりイベントレポート

2012年07月24日

農具倉庫完成!!

7月16日、17日、23日、24日の4日間、農園での農具倉庫づくりを行いました!
農具倉庫は北加賀屋を拠点に活動している建築事務所の「dot architects(ドットアーキテクツ」の設計・施工監修で、プロジェクトメンバーも参加しながら作り上げました!

dot architectsさんHP:http://dotarchitects.jp/


◇1日目

まずは、位置決めです。正確に直角がでるように丁寧にはかりながら位置をきめていきました。

1.jpg

位置が決まったら早速掘って行きます!
メンバーも出動して掘りまくります。

2.jpg

土が以外に固くて、穴掘りに苦戦。。。午前中いっぱいかかりました。

午後からは堀った穴に捨てコンクリートを流し込んで水平を出します。
これから柱を立てていくのにとても大切な工程!

3.jpg

メンバーのちびっこ大工も登場!
コンクリートを平らにしてくれました♩

全ての穴に捨てコンを流して、一日目終了。



◇2日目

コンクリートが固まっているのを確認して、次は柱の基礎となる型枠の中にくむ鉄筋をつくります。

4.jpg
これは素人には無理ですね〜さすがプロのお仕事。型枠にすっぽりです。
ちなみにこの型枠も、元は違う用途のものを転用しているようです。

配筋できたら穴に置いていって、コンクリートを脇に流し込んで固定していきます。

5.jpg

この日は、基本的な骨組みが既に現場に運び込まれていました。
これをみんなで持ち上げて柱型枠にすっぽりはめます!

6.jpg

こんな感じ。
枠が立ち上がると、大きさも把握できてワクワクしてきます!

そして型枠の中にコンクリを流しこんでいきます〜

コンクリが固まるのを待っている間に、骨組みを補強するための部材をバチバチと取り付けていきます。

7.jpg

これが取り付け終わった様子です。
 
8.jpg

正面からみた様子!!

子ども料理教室の野菜たちからみた農具倉庫

9.jpg

ここまでやって二日目は終了



◇3日目

この日は参加できていなくて写真がないのですが、プロジェクトメンバーの皆さんも参加してかなり工事が進みました!

枠組みに外壁と屋根をとりつけていきました。
残すはあと少し!!

10.jpg



◇4日目
残りの外壁を貼り、入り口の扉をとりつけました。

この日も参加できず、結局外壁はりを手伝えませんでした。
参加できたメンバーのみなさんがうらやましいです!

11.jpg

ちなみにこの外壁に使っている木は、北加賀屋に以前あった家具工場の跡地に残っていた古材を使っています。

これから時間をかけてどう表情が変わって行くのかみるのも楽しみですね。


というわけで、農園のシンボルとなる「農具倉庫」が完成しました!!

もうすぐ農具も一式そろうので、はやく収納したい!


posted by みんなのうえん at 00:00 | Comment(0) | ものづくりイベントレポート

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局