2015年02月12日

収穫パーティー+メンバーの送別会

コトハナインターン生の北口です。
大学2回生で、管理栄養士になるための学科で学んでいます。美味しいものを、食べるのがだいすきです。
最近は、ヨガにはまっています。
また、VeNeesという社会人と大学生の合同チームにも所属していて、みんなのうえんを借りています。

今日は、チームコースの1つである、くうねるチームの冬野菜収穫祭に参加してきました。

s_記念写真.jpg

s_くうねる.jpg


まずは、冬野菜の収穫。

こんなに大きな白菜が3つも収穫できました。白菜が横に広がらないように、くうねるチームのメンバーが極寒の日に白菜を紐で縛っておいたそうです。

s_白菜.jpg

次は、漬け物でおなじみの野沢菜。
根の部分を初めて見たのですが、食べて見ると
野沢菜の葉っぱの部分と同じ味がしました!

s_野沢菜.jpg

高菜と水菜は、たくさん収穫出来ました。
葉っぱが活き活きとしていました。

s_高菜.jpg

無農薬でも、こんなに立派な野菜がたくさんできるんですね。


そして収穫した後は、お昼ごはんを作るために
買い出しへ。

みなさん仲良く、お買い物。

s_買い出し.jpg


買い出しのあとは、みんなで調理開始。
みんなで下ごしらえ。

s_調理中.jpg

なにを作っているんでしょう〜?
s_調理中2.jpg

s_調理中3.jpg

キッチン中がいい匂いに包まれました。
この日作ったメニューはこちら。
のうえん産の野菜もふんだんに使っています!

具だくさんのクリームシチュー。

s_クリームシチュー.jpg

サーモン入りの生春巻き。高菜とベーコンの炒めもの。

s_生春巻き.jpg

おしゃれなカフェのランチメニューみたいです。
野菜は採りたてなのでシャキシャキ、
おいしすぎてみんな無言になっていました。

最後にくうねるメンバーが収穫した野菜を持って記念写真を撮りました。

s_記念写真.jpg

くうねるチームの方々とは初対面でしたが、とっても温かく受け入れてもらえて嬉しかったです。
私の所属するチームも、去年の秋には収穫したさつまいもを使って焼き芋をしました。
また、育てた野菜を使って盛大に収穫祭をしたいと思います。

posted by みんなのうえん at 00:02 | Comment(0) | チームの活動

2014年09月29日

ごまの収穫体験へ行って来ました!

ss_P1010199.jpg

チームコースの1つ、co:funチームのメンバーで、福井県小浜市までごまの収穫体験へ行って来ました!

今回、メンバーの1人がここでごまを栽培している方とつながりがりで、体験させていただくことになりました。
大阪から車で2時間半。
到着すると、今回お世話になる藤本さんが笑顔で出迎えて下さりました。
ここでは完全無農薬で、機械に頼らずにごまを栽培しているそうです。

早速ごま畑へ。
本当ならば、少し前に収穫は終わっていたようなのですが、私たちが体験に来るからということで、一部を刈らずに残してくださっていたようです。

s_P1010206.jpg

稲刈りと同じような要領で刈っていきます。
この膨らんだ穂の中にごまが入っているそうです。
普段お店で販売しているごましか見たことがないので、みんな「ごまってこんな風に生ってたんだね!」と驚き!

s_P1010205.jpg

s_P1010201.jpg

穂を下に向けるとパラパラとごまが落ちてしまうので、気をつけながら刈っていきます。

よく見ると現地のお母さんたちはみんな腰に藁を括り付けています。何に使うのだろうかと思っていると、先ほど収穫したごまをこの藁で束ねていました。これを乾燥させてから収穫するそうです。
昔からの工夫がみられました。

s_P1010216.jpg

刈り終わると、日陰へ移動。
次は先ほど刈ったごまの葉を、手作業で1本1本とっていきます。
こうして取らないと腐ってしまったり、ごまをとるときに混ざってしまったりするそうです。

s_P1010233.jpg

葉を取る作業の間、ごまを育てる農家さんならではのお話を聞かせていただきました。

完全無農薬で作っていると不安なのはやっぱり害虫です。
ごまにももちろん虫はやってきます。
はじめは種をまいたとき。
ごまの油にそそられて、種をまいてすぐにアリが持っていってしまうそうです。時にはまくのを忘れてたかな?と思ってしまうくらいきれいになくなっていることもあるようです。
無事に発芽したと思ったら、次にやってくるのは「ネキリムシ」。これは発芽したばかりの茎を根元から切ってしまう害虫です。
夜行性で、夜中に出てくるそうで、ここの農家さんたちは朝明るくなりはじめて間もない時間から畑へ出向き、出て来ているネキリムシを1匹ずつ手で駆除するそうです。
そこから成長してしまうと、害虫の被害はほぼないそうなのですが、そこまでが本当に大変です!

また、機械で作業した方が楽だし、たくさん収穫できるのではと思うところですが、それはそれで問題があるようです。
機械を手に入れるにはお金がかかります。それだけの収入を得ようとなると、さらに広い土地で栽培しなければなりません。
そうなってくると、若い人は町に出て別の仕事をしにいき、町にはたくさんの荒れ地が出てきているそうです。
ここのまちの課題は山積みのようです。



葉を取り終わると、そろそろお昼の時間になりました。
近くの公民館へ行くと、地域の方が私たちのためにたくさんのごま料理をご用意してくださっていました!

s_P1010237.jpg

s_P1010242.jpg

ふんだんにごまを使った料理で、味とごまの香ばしい香りが活かされた、優しいお母さんの味がする料理です。思ってもみなかったサプライズに、「おいしいです」という一言では現されないくらい、感謝の気持ちでいっぱいになりました。




昼食の後は、事前に乾燥してくださっていたごまを、穂からごまを取り出す作業です。

s_P1010244.jpg

乾燥したものは逆さまにしただけで簡単にパラパラとごまが落ちて来ます。それでも穂の奥の方に残っているごまを、竹刀で叩いて落としていきます。
叩けば叩くほどどんどん出て来て、たのしい!

s_P1010250.jpg

s_P1010254.jpg

穂の中をのぞくと、ごまがきれいに整列していました。
何気なく食べているものも、元の形を知らないものがたくさんありますね。

s_P1010256.jpg

たくさんのごまが収穫できました!

s_P1010266.jpg

次はこれを振るいにかけてゴミを取り除きます。
ふるいでは取り除けなかったゴミは、このカゴのようなものに入れて、ごまを振り上げながらゴミを飛ばしていくのですが、この作業が本当に難しい!

s_P1010277.jpg

藤本さんがやるととてもきれいにゴミだけが飛んでいくのですが、私たちがやると、かごの中でごまが上がったり下がったりするだけ…。
その次には、脱穀機を使ってゴミを飛ばしていきます。

s_P1010279.jpg

この作業も、微妙な力加減で調節しないといけなく、メンバーみんな悪戦苦闘。

「次はこれをマスターするために合宿しないと!」というメンバーたちに、「泊まるところならあるから、いつでもおいで」と笑顔で言って下さる地元の方々。
本当に優しい方ばかりです。

脱穀も終わり、やっと完成!と思いきや、実はまだゴミが混じっていてそのままでは食べられないそうです。この後、このごまを洗って乾燥させ、乾いたごまに混じったゴミを1つ1つピンセットでとっていかないといけないそうです。

ごまを食べられるまでに、こんなに手間がかかるなんて!
今回はごま収穫の一連の流れを体験させていただきました。
驚きと発見が多い一日でした。

行程を一通り教えていただいたので、自分達の畑でも育ててみようかと話しながら、大阪へ戻って来ました。
藤本さんをはじめとする小浜市の方々のおかげで、貴重な体験ができました。
本当に、ありがとうございました!

s_P1010285.jpg
posted by みんなのうえん at 14:43 | Comment(0) | チームの活動

2014年07月22日

バジルチーム 夏の収穫祭!

ss_MG_0928.jpg

今日はチームコースの1つ、バジルチームの収穫祭と、
8月に開催するイベント「みんなのうえん縁日」に出店するかき氷の試作をしました!
この春から新しく合流したメンバーにとっては、今回がはじめての収穫祭。
自分達で畑を耕し育てた野菜を収穫して食べるのは、気分もはずみます。

((みんなのうえん縁日の詳細は[コチラ]))

4月から5月にかけて植えて来た苗や種がすくすく成長し、たくさんの夏野菜が実りました。

s_MG_0935.jpg

青唐辛子も立派に育っています◎

s_MG_0931.jpg

一通り収穫した後は空いた畝を耕し、秋の収穫に向けてサツマイモの苗と綿の種まき。
この綿の種は、去年この農園で育った綿からとった種。

s__MG_0961.jpg

“みんなのうえん産”の綿です!

s_5.jpg

「綿ができたら何を作ろうかなー?」
とみんなでおしゃべりしながら農作業。
みんなでやれば地道な作業でも、成長の楽しみを共有しながら作業が出来て楽しいですね(^^)。



作業が終わったら早速キッチンに入って調理開始!
今回収穫できた野菜はこれ!

s__MG_0952.jpg

ジャガイモを中心に、ナス、キュウリ、だだ茶豆…
豊作でしたー!

横にはカラフルな中身のビンがずらり。

s__MG_0953.jpg

料理の得意なメンバーがこの日のために収穫した野菜をピクルスやソース、ジャムにして持って来てくれました!
少し味見をさせてもらったら、、とってもおいしい!
みんな「どうやってつくるのー?」と情報交換会が始まります。
これもチームコースならではの風景。

この日作ったメニューはこちら。



モッツァレラチーズにピーナッツのはちみつ漬けをかけたもの

s__MG_0976.jpg



野菜のマヨネーズあえ

s__MG_0989.jpg



こちらはトマトのピクルスをのせたサラダ

s__MG_0990.jpg



キュウリの浅漬け
モッツァレラチーズに農園で採れたバジルをのせたもの

s__MG_0991.jpg



農園で採れた夏野菜の素揚げ

s_12.jpg



スパイスから作った特製チキンカレーは、パンに付けて食べたり野菜の素揚げをのせていただきます。

s__MG_0993.jpg

料理が得意なメンバーを中心に、とっても素敵な夕食が完成しました!!
おいしくみんなでいただきまーす!

s__MG_0987.jpg

芦屋から来ている春からの新メンバーからは、
「こうやってみんなで作業して、一緒に食事ができるのがとてもすてきな時間ですね。」
という言葉が出てきました。
こんな言葉を聞いて、チームみんなほっこり。

採れたての野菜はもちろんおいしいですが、こうやってみんなで1つのテーブルをかこいながら、
収穫の喜びを分かち合う時間は格別です。



食事がひと通り落ち着いたところで、早速8月10日の縁日に出店するかき氷の試作です!
メンバーが作って来てくれたトマトジャムをベースに、
農園で採れた野菜を使った特製シロップと練乳をかけています。

s__MG_1002.jpg

s_15.jpg

試食してみると…
この表情!

s__MG_1015.jpg

どんな味か気になった方はぜひ縁日に遊びに来てください!
この日しか食べられませんよ!!

<< みんなのうえん縁日 詳細 >>

これで3チーム全ての野菜を使った特製かき氷が完成しました!
↓他のチームのかき氷の試作の様子はこちら
[co:fun]  [くうねる]
posted by みんなのうえん at 15:12 | Comment(0) | チームの活動

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局