2015年12月23日

[レポート]梵彩農園でレンコン収穫体験!

鶴見区の梵彩農園にみんなのうえんの有志メンバーで、「レンコン収穫体験」にお邪魔させていただきました!

レンコン収穫体験

大阪市民なら見慣れた駅で集合し徒歩で畑に向かいました。
少し歩くと、まさかこんなところに!という場所に畑が現れ、寒さを吹き飛ばすかのように、メンバー一同興奮。
天気は雨予報でしたが、ギリギリ保ってくれて今回体験に行くことができました。

そして早速、園主の梵彩さんや、City Farm Deguchiの出口さんに指導していただきました。

レンコン収穫体験

レンコン収穫体験

レンコン収穫は、他の野菜の収穫と全く違うことが、この農具からもわかります。。
一見どう使うかわからないですよね。

レンコン収穫体験

レンコン収穫体験

穴の掘り方を実践で教えてもらいながら、レンコンの金脈の探り方のコツも伝授していただきました。
・・・が、なかなかそれが難しい!

みんなで試行錯誤しながらのスタートでした!

レンコン収穫体験


レンコン収穫のプロの先輩の姿を盗み見・・。

レンコン収穫体験

レンコン収穫体験

そして、必死にほりほり。。。

レンコン収穫体験

さながら遺跡発掘のようでした..!!
レンコン収穫は本当に大変で、価値が身にしみてわかりましたね。

後半は少しずつコツをつかみ始め、みんな続々と収穫できました!

レンコン収穫体験

レンコン収穫体験

レンコン収穫体験

レンコン収穫体験

でっかいのも採れました〜!
でも、傷つけずに収穫するのが本当に難しかったです。


体験後は、まかないでレンコン鍋をご用意していただき、疲れ体にとっても美味しかったです。

レンコン収穫体験

梵彩さんの育てているレンコンは、ホクホク感が強くて、火が通れば通るほど、繊維がとろけるよう。
お土産もいただき、メンバー一同大満足でした!

梵彩さん、忙しい時期にありがとうございました〜!


梵彩農園:http://bonsai-farm.com/
City Farm Deguchi:https://www.facebook.com/cfdeguchi831/


posted by みんなのうえん at 19:08 | Comment(0) | 体験/見学

2015年01月22日

大阪の有機農家さん訪問!

s_top.jpg


はじめまして。本日は、コトハナ新入りインターンの今野(こんの)がお送りします!
少しだけ自己紹介をさせていただきます。野菜や果物が大好きで、“農”についてもっと知りたい!関わりたい!という思いから、みんなのうえんにやってきました。好きな野菜はなすびです^^どうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、北加賀屋みんなのうえんでは、無農薬有機栽培に挑戦しています。そこで今回は、無農薬有機栽培を実践するプロの皆さんからいろいろ学ばせて頂こうと、大阪の3つの農家さんのところにお邪魔してきました。
いつもお世話になっている「つたえびと」の佐野さんのアテンドでした!
大阪を中心に、無農薬有機栽培の野菜を販売している旅する八百屋さんです。

一件目は、完全無農薬で野菜や果樹を育てている、尾崎農園さん。こちらはなんと駅から歩いて10分もかからずに到着。こんなところに畑があるなんて!とびっくりしてしまうくらい、周りは普通の住宅街です。もともと水が豊かなこの地域には、昔は他にもたくさんの農家さんがいたそうです。しかし宅地開発の影響で、皆さん徐々に農業から離れ、今では尾崎さんがこの辺りで唯一の農家さんなんだとか。

s_IMG_5981.jpg

ビニールハウスの中をのぞくと、ほうれん草やキャベツなど様々な野菜が勢揃い!一度収穫した後だというブロッコリーは、茎がすごく立派に育っています。きんぴらにしたらおいしいだろうなあ。

s_IMG_5974.jpg

有機農業を全く知らない私は、無農薬では虫の被害も大変なのでは?と思っていましたが、尾崎さんの畑の野菜はどれもぴちぴちの美人さんで、美味しそう。夏の間は特に手間がかかってたいへんなんだとか・・・
それでも、安心して人参や大根の葉っぱも残らずまるごといただけるのは、無農薬の魅力ですね。

尾崎さんのお宅には、野菜畑だけでなくいろんな果物もたくさん実っています。ハウスの中には収穫した後のブドウの木が。ちょっとだけ余っていた実をいただくと、とってもあまくて美味しかったです。

s_IMG_6022.jpg

そして畑の横にはなぜか卓球場が!みんなで卓球をしたりごはんを食べたり、さらには「社交ダンスなんかすることもあるんだよ〜」と尾崎さん。畑の横の多目的空間、素敵です。

農園を回ったあとは、こちらでとれた柿やみかんをいただきました。さらに、干し柿にする前の、焼酎に漬けただけの渋柿も。一同その甘さにびっくり!一手間加えるだけでこんなに甘くなるなんて・・・

s_IMG_6098.jpg

s_IMG_6010.jpg

住宅街の中で長年農業を続けてきた尾崎さんご夫婦。お二人の温かいお人柄がそのまま形になったような、本当に素敵な農園でした。



二件目は、定年退職後にご夫婦で農業を始められたというなかよし農園さんへ。ほうれん草やイチゴ、キャベツなどたくさんの野菜たちは、みんな完全無農薬で育てられています。
奥さんが「これ食べてみて〜」と渡してくれたかぶは、あまくて香りがよく、まるで梨かりんごのようでした。

s_IMG_6119.jpg

畝と畝の間には、稲を収穫した後の籾殻が撒かれていました。雑草が生えてくるのを防ぐ工夫だそうです。

s_IMG_6127.jpg

畑の周りには、悪くなった野菜や木の葉を利用したコンポストなどもありました。
使えるものは無駄にせず、きちんと再利用する。畑の所々に有機栽培の知恵と努力が垣間見えます。

s_IMG_6113.jpg

s_IMG_6179.jpg

そしてお二人共本当に優しくて、畑のあちこちで「これ持って帰り!」とネギや柚子を分けてくれました。帰る頃にはお土産がたくさん!
「形は悪いけど、安心して食べられるのが一番だから」と語って下さった笑顔が印象的でした。



3件目は、車で山の方へぐんぐん登り、飯坂農園さんへ。飯坂さんは、原木を使って椎茸の栽培をしていらっしゃいます。

s__MG_6235.jpg

一般に流通する椎茸の菌床栽培(きんしょうさいばい:おがくずや水、栄養剤を混ぜたブロックにしいたけ菌を接種させる方法)と比べると、原木栽培は手間も時間も倍以上かかります。その行程は木を伐採したり原木同士を組んだりととっても重労働。しかも天気にも影響を受けやすいため、安定生産が難しいとのこと…

どうしてそこまで大変な原木栽培にこだわるのですか?と聞くと、飯坂さんは収穫したての椎茸を味見させてくれました。椎茸を生で食べるのは初めてです。

s__MG_6209.jpg

おそるおそるかじってみると、椎茸の良い香りと甘みが口いっぱいに広がって、ものすごーく美味しい!市販の椎茸とはまるで別物です。
そう言うと、飯坂さんは本当に嬉しそうに「そうでしょう!」と笑いました。
その笑顔を見て、そうか、このために、飯坂さんは原木栽培にこだわり続けていらっしゃるのだなと感じました。

s__MG_6218.jpg



今回の農園訪問させていただいた三つの農家さんは、それぞれ農園の規模も育てているものも違います。ですが、

自然に近いやり方で、本当においしい野菜を作ること。
そのための手間は惜しまないこと。

この二つの思いは、皆さん共通して持っていらっしゃったように感じます。
消費者の側からはなかなか見えづらいですが、こうして信念を持って野菜を育てている農家さんの努力を知ることで、私たちの野菜の選び方も使い方も変わっていくように思います。

北加賀屋みんなのうえんでも、この日出会ったような農家さんたちの思いを共有しつつ、大切に野菜を育てていけたらいいなあと思いました。
posted by みんなのうえん at 15:28 | Comment(0) | 体験/見学

2014年09月29日

ごまの収穫体験へ行って来ました!

ss_P1010199.jpg

チームコースの1つ、co:funチームのメンバーで、福井県小浜市までごまの収穫体験へ行って来ました!

今回、メンバーの1人がここでごまを栽培している方とつながりがりで、体験させていただくことになりました。
大阪から車で2時間半。
到着すると、今回お世話になる藤本さんが笑顔で出迎えて下さりました。
ここでは完全無農薬で、機械に頼らずにごまを栽培しているそうです。

早速ごま畑へ。
本当ならば、少し前に収穫は終わっていたようなのですが、私たちが体験に来るからということで、一部を刈らずに残してくださっていたようです。

s_P1010206.jpg

稲刈りと同じような要領で刈っていきます。
この膨らんだ穂の中にごまが入っているそうです。
普段お店で販売しているごましか見たことがないので、みんな「ごまってこんな風に生ってたんだね!」と驚き!

s_P1010205.jpg

s_P1010201.jpg

穂を下に向けるとパラパラとごまが落ちてしまうので、気をつけながら刈っていきます。

よく見ると現地のお母さんたちはみんな腰に藁を括り付けています。何に使うのだろうかと思っていると、先ほど収穫したごまをこの藁で束ねていました。これを乾燥させてから収穫するそうです。
昔からの工夫がみられました。

s_P1010216.jpg

刈り終わると、日陰へ移動。
次は先ほど刈ったごまの葉を、手作業で1本1本とっていきます。
こうして取らないと腐ってしまったり、ごまをとるときに混ざってしまったりするそうです。

s_P1010233.jpg

葉を取る作業の間、ごまを育てる農家さんならではのお話を聞かせていただきました。

完全無農薬で作っていると不安なのはやっぱり害虫です。
ごまにももちろん虫はやってきます。
はじめは種をまいたとき。
ごまの油にそそられて、種をまいてすぐにアリが持っていってしまうそうです。時にはまくのを忘れてたかな?と思ってしまうくらいきれいになくなっていることもあるようです。
無事に発芽したと思ったら、次にやってくるのは「ネキリムシ」。これは発芽したばかりの茎を根元から切ってしまう害虫です。
夜行性で、夜中に出てくるそうで、ここの農家さんたちは朝明るくなりはじめて間もない時間から畑へ出向き、出て来ているネキリムシを1匹ずつ手で駆除するそうです。
そこから成長してしまうと、害虫の被害はほぼないそうなのですが、そこまでが本当に大変です!

また、機械で作業した方が楽だし、たくさん収穫できるのではと思うところですが、それはそれで問題があるようです。
機械を手に入れるにはお金がかかります。それだけの収入を得ようとなると、さらに広い土地で栽培しなければなりません。
そうなってくると、若い人は町に出て別の仕事をしにいき、町にはたくさんの荒れ地が出てきているそうです。
ここのまちの課題は山積みのようです。



葉を取り終わると、そろそろお昼の時間になりました。
近くの公民館へ行くと、地域の方が私たちのためにたくさんのごま料理をご用意してくださっていました!

s_P1010237.jpg

s_P1010242.jpg

ふんだんにごまを使った料理で、味とごまの香ばしい香りが活かされた、優しいお母さんの味がする料理です。思ってもみなかったサプライズに、「おいしいです」という一言では現されないくらい、感謝の気持ちでいっぱいになりました。




昼食の後は、事前に乾燥してくださっていたごまを、穂からごまを取り出す作業です。

s_P1010244.jpg

乾燥したものは逆さまにしただけで簡単にパラパラとごまが落ちて来ます。それでも穂の奥の方に残っているごまを、竹刀で叩いて落としていきます。
叩けば叩くほどどんどん出て来て、たのしい!

s_P1010250.jpg

s_P1010254.jpg

穂の中をのぞくと、ごまがきれいに整列していました。
何気なく食べているものも、元の形を知らないものがたくさんありますね。

s_P1010256.jpg

たくさんのごまが収穫できました!

s_P1010266.jpg

次はこれを振るいにかけてゴミを取り除きます。
ふるいでは取り除けなかったゴミは、このカゴのようなものに入れて、ごまを振り上げながらゴミを飛ばしていくのですが、この作業が本当に難しい!

s_P1010277.jpg

藤本さんがやるととてもきれいにゴミだけが飛んでいくのですが、私たちがやると、かごの中でごまが上がったり下がったりするだけ…。
その次には、脱穀機を使ってゴミを飛ばしていきます。

s_P1010279.jpg

この作業も、微妙な力加減で調節しないといけなく、メンバーみんな悪戦苦闘。

「次はこれをマスターするために合宿しないと!」というメンバーたちに、「泊まるところならあるから、いつでもおいで」と笑顔で言って下さる地元の方々。
本当に優しい方ばかりです。

脱穀も終わり、やっと完成!と思いきや、実はまだゴミが混じっていてそのままでは食べられないそうです。この後、このごまを洗って乾燥させ、乾いたごまに混じったゴミを1つ1つピンセットでとっていかないといけないそうです。

ごまを食べられるまでに、こんなに手間がかかるなんて!
今回はごま収穫の一連の流れを体験させていただきました。
驚きと発見が多い一日でした。

行程を一通り教えていただいたので、自分達の畑でも育ててみようかと話しながら、大阪へ戻って来ました。
藤本さんをはじめとする小浜市の方々のおかげで、貴重な体験ができました。
本当に、ありがとうございました!

s_P1010285.jpg
posted by みんなのうえん at 14:43 | Comment(0) | 体験/見学

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局