2013年11月11日

第4回 種から育て子ども料理教室を行いました!

s_ss_s_IMG_2581.jpg

11月10日、第4回目の種から育てる子ども料理教室が行われました!
早速、当日の様子をご報告しますね!


ss_s_IMG_2413.jpg

教室が始まった時の天気は曇り。
いつもなら室内でお料理をする「キッチン」から始めますが、この日は雨が降らないうちに農園で作業をする「ワーク」と「ガーデン」から始めました。
まずはオリジナルのものづくりを行う「ワーク」。
今日は、北加賀屋みんなのうえんにあるアート作品「Parabolic Farm(パラボリックファーム)」がワークの舞台です。

ss_s_IMG_2386.jpg

この作品は、先日、第2農園に来たばかり。
現代アーティストの“國府 理(こくふ おさむ)”さんの作品です。
西宮の大谷美術館で展示されていた作品です。
みんなのうえんを共に運営している、おおさか創造千島財団さんの繋がりと、出資によって展示終了とともにこの北加賀屋までやってきました。

國府さんプロフィール:http://www.artcourtgallery.com/artists/152/


このパラボラの中には農園の土が入っていて、そこにクローバーの種を植え、育ってきた植物で絵を描きます。


ss_s_IMG_2402.jpg

ss_s_IMG_2394.jpg

まずは、スタッフ・さとちゃんも交えて、パラボラにどんな風に種を蒔くかをみんなで話し合います。
自由に種を蒔いていいよと言われると、真剣に考え始める子ども達。


ss_s_IMG_2398.jpg

くるくるの線、かわいいですね!


ss_s_IMG_2406.jpg

みんなで話し合った結果、スタッフ・さとちゃんが書いたかわいいスマイルに、子ども達が考えたくるくるの髪の毛と丸のほっぺたがつきました。
可愛らしいですね!


ss_s_IMG_2404.jpg

子ども達も気に入って、「これで行こう!」と即決。
考える時間、わずか5分。笑


ss_s_IMG_2410.jpg

決まると同時に、農園に飛び出して作業開始!
種を蒔く位置を下書きします。


ss_s_IMG_2415.jpg

ss_s_IMG_2431.jpg

ss_s_IMG_2417.jpg

位置が決まったら、少し深く掘って種を蒔きます。


ss_s_IMG_2429.jpg

よく育ちますように!


ss_s_IMG_2437.jpg

あっという間に完成!


ss_s_IMG_2440.jpg

できたら、水やり。
この作品、なんと上のノズルが水を放出しながら回転してスプリンクラーになります!
子ども達は、種と一緒に自分たちも水浴びをしました。笑


ss_s_IMG_2449.jpg

引き続き、農園で「ガーデン」の授業をします。
これまでの授業で植えたベビーリーフをまびいたり、サニーレタスのやわらかい部分をちぎったり...
このまびきの作業は、野菜が大きくなっていくお手伝いをします。
やわらかくておいしいまびき菜ですが、一般的には流通していません。
すぐにしおれてしまうまびき菜は、流通に向いていないのです。
これを食べられるのは、自分で植物をつくっている人の特権なんだそうです。


ss_s_IMG_2483.jpg

ワークとガーデンが終わる頃、外では雨が降り始めました。
次は、建物の中に入ってお料理をします。
今日の「キッチン」のテーマは、こちら。
ひとつは、時間と手間を加えると変化する「成長」。


ss_s_IMG_2466.jpg

今日の食材には、卵とチキンがあります。
どちらも同じ鶏ですが、成長とともに変化します。


ss_s_IMG_2480.jpg

そういえば、先ほどの作業も、成長する過程でまびいてあげることで、残った野菜が大きく育ちます。
先ほどまびいたものをしっかり洗っています。


ss_s_IMG_2507.jpg

もうひとつは、火と手間を加えると変化する「料理」。
卵は茹でてゆで卵に変化。
もうひとつ、焼いて薄焼き卵にも変化します。


ss_s_IMG_2515.jpg

今日の料理に使うお野菜はたくさん!
他の食材も切っていきます。


ss_s_IMG_2495.jpg

玉ねぎ、涙が出る〜!


ss_s_IMG_2542.jpg

さて、食材の準備ができたらまびき菜ロールをつくります!
まきまきするのはトルティーヤ、巻き寿司、生春巻きです。
りえ先生に、ライスペーパーがお米でできていることを教わって驚いた子ども達。
早速、ライスペーパーを水にさらしています。


ss_s_IMG_2535.jpg

やわらかくなったら、食材を乗せて巻きます。
上手にできるかな?


ss_s_IMG_2562.jpg

ss_s_IMG_2540.jpg

巻き寿司やトルティーヤにも挑戦!


ss_s_IMG_2546.jpg

慣れてきた頃には、真剣な表情で食材を見極め、「顔」をつくりました。
周りで見守るスタッフからは「アーティスティックだね〜!」と賞賛の声が!


ss_s_IMG_2578.jpg

完成したものは、りえ先生が切ってくれました。
中はどんな風になっているかな?


ss_s_IMG_2586.jpg

ジャーン!
彩り鮮やかで食欲をそそりますね。


ss_s_IMG_2581.jpg

では、みんなでいただきまーす!
とれたてのまびき菜もいい味出しています!

今回も、内容盛りだくさんだった「種から育てる子ども料理教室」。
次回も、楽しい&おいしい教室を予定していますので、ぜひご参加くださいね!

2013年11月04日

第3回 種から育てる子ども料理教室が行われました!

s_ss_IMG_2227.jpg

10月27日、3回目の種から育てる子ども料理教室が北加賀屋みんなのうえんで行われました!


ss_IMG_2030A.jpg

ss_IMG_2055A.jpg

この日は、ハロウィンが近いということもあって、農園はハロウィンの飾り付けで賑やかでした。
「キッチン」で作るのも、ハロウィンにちなんだメニュー。
かぼちゃを使ったアップルパンプキンパイ&チャイです。


ss_IMG_2082A.jpg

まずは、パイ生地からつくります!
生地からつくるなんて本格的!


ss_IMG_2087A.jpg

まずは、強力粉、砂糖、塩、バター、水をつぶしながら混ぜます。
これがコツを掴むまで、結構、大変!
バターが体温で溶けると生地が柔らかくなってしまうし、でもうまく混ぜないといけないしでてんやわんやです!
生地ができたら、丸めて冷蔵庫で寝かせます。


ss_IMG_2096A.jpg

その間に、パイにのせるリンゴをスライスしたり、かぼちゃの中の種をスプーンでかき出して、スライスしたものとマッシュしたものをつくります。


ss_IMG_2143A.jpg

冷蔵庫で寝かせておいたパイ生地を伸ばして、マッシュしたかぼちゃとスライスしたリンゴとかぼちゃをトッピングします。


ss_IMG_2152A.jpg

上手ですね!お花のようです。


ss_IMG_2154A.jpg

こちらは顔ですね!


ss_IMG_2157A.jpg

最後は、トッピングした食材にかぶさるように、周囲のパイ生地を折りたたみます。


ss_IMG_2175A.jpg

そして、いよいよオーブンへ!
焼き上がりが楽しみですね!


ss_IMG_2056A.jpg

次は、パイと一緒に味わうチャイをつくります。
今回、チャイに入れるスパイスはシナモン、カルダモン、クローブ、ブラックペッパー、八角です。
子ども達は、それぞれ好きなスパイスを混ぜて、オリジナルのチャイをつくります。


ss_IMG_2121A.jpg

「何か違う...?」


ss_IMG_2129A.jpg

「シナモンが多い!」


ss_IMG_2130A.jpg

「このにおい好き!」
なかなかツウな子ども達は、じっくりと時間をかけて、自分の好きな香りのチャイをつくりました。


ss_IMG_2137A.jpg

これらのスパイスとともに茶葉を入れ、牛乳を入れて沸騰させます。


ss_IMG_2176A.jpg

大体20分くらい沸騰させたらザルでこして、できあがり!
同じスパイスの種類を使ったはずですが、2人のチャイの色が違いますね。
味の違いはお楽しみ。


ss_IMG_2192A.jpg

さて、次は「ガーデン」です。
前回の教室でつくった「タネだんご」をプランターに植えて、それぞれおうちに持ち帰って、成長を観察します。


ss_IMG_2198A.jpg

どんな風に育つかな?
プランターに植えきれなかったタネ団子は、みんなのうえんに植えました。
プランターに植えたものと、のうえんに植えたものでは、一体どんな違いが出てくるのでしょうか?
楽しみですね!


ss_IMG_2208A.jpg

最後は「ワーク」です。
今日は、丸太を使ってガーデンロードを作ります。
種から育てる子ども料理教室専用の敷地の、畝と畝の間に、切った丸太を敷き詰めていきます。
これが結構、重労働!
子ども達の力では無理!ということで、堀田シェフとコトハナ・金田が頑張ります!


ss_IMG_2212A.jpg

水平になるように糸を引いて、丸太をぎゅうぎゅうに敷き詰めます。


ss_IMG_2215A.jpg

ss_IMG_2216A.jpg

がっちり固まるように、時々水をかけたり、土を隙間に入れたり...


ss_IMG_2221A.jpg

みんなで力を合わせて、素敵なガーデンロードができました!
実はこのガーデンロード、みんなのうえんメンバーに好評で、「うちのチームの敷地もこんな風にしたい!」と言われています。
作り方は、子ども達に聞いてみてくださいね!


ss_IMG_2224A.jpg

さて、外での作業も落ち着いた頃、パイが焼けました!
いい色ですね!
おいしそう!
オリジナルのチャイと一緒に味わいます。


ss_IMG_2236A.jpg

生地から作った本格派のパイは、みんなに大好評!
次々と手が伸びておかわりの嵐です。

チャイは、それぞれ味が違っていたので、みんなで飲み比べしました。
スパイスが効いたチャイと、上品なチャイ。
ただひとつ残念だったのは、このチャイが子ども達にとってはまだ「大人な味」だったこと。笑
もう少し、大きくなったらゆっくり味わってみてね。


2013年10月03日

第1回目「種から育てる子ども料理教室 in 北加賀屋みんなのうえん」が行われました!

ss_s_IMG_1366.jpg

9月下旬、待ちに待った「種から育てる子ども料理教室 in 北加賀屋みんなのうえん」の第1回目が行われました!
実は、9月中旬に第1回目を迎える予定だったのですが、台風のために延期になっていました。

今年の「種から育てる子ども料理教室」は、
北加賀みんなのうえんを使って植物を育てる「ガーデン」、
キッチンスペースを使ってお料理に挑戦する「キッチン」、
オリジナル農具や看板づくりなど、みんなでアイデアを出し合い、楽しい農園をつくる「ワーク」の
3つからなっています。
「畑づくりから始まり、種から野菜を育て、収穫し、調理して、みんなで食べる」という全てのプロセスを学ぶことができます。
この3つのプロセスを通して、子ども達が自ら考え、行動していくチカラを磨いていきます。


ss_IMG_1522.jpg

第1回目は、ガーデンとキッチンのプログラムです。
まずは土の性質を知るガーデンから。
りえ先生に教わって、いろんな場所の土の違いを観察します。


ss_IMG_1529.jpg

早速、北加賀屋の地域の土を集めに出発!


ss_IMG_1533.jpg

子ども達は、それぞれ思い思いに、公園の土や農園の土を採取しました。


ss_IMG_1173.jpg

中でも、農園の土は、表面の土を採取した子と、深く掘って採取した子がいました。
同じ場所の土ですが、この違いはどう現れるのでしょうか?
後ほどの観察結果をこうご期待!


ss_IMG_1187.jpg

さて、たくさん採取してきた土の違いが分かるように、それぞれに名前をつけます。


ss_IMG_1550.jpg

黒い土は「くろちゃん」。
石が多いのは「いしちゃん」。
農園で採取した土は真っ黒だったので、「まくくん」と名付けられました。
ちなみに、「まくくん」は採取した数ある土の中で唯一の男の子キャラです。
ハーレム!


ss_IMG_1219.jpg

早速、それぞれの土の違いをワークシートに記入していきます。
「色はどうか・においはあるか・生き物がいるか・水分状態はどうか・ph値はいくらか」を観察します。
子ども達は、土の様子を見たり触ったりしながら、普段はあまり注目しない土を観察し、
それぞれどんな特徴を持っているのかを見てみました。
最初は、土の色を観察します。
さきほど、子ども達がたくさん採取した土の中に、農園で土が2つありました。
ひとつは、白っぽい表面の土。
もうひとつは、掘って採取した土は黒い土でした。


ss_IMG_1200.jpg

りえ先生と堀田先生は、子ども達を連れ、農園へ。
水やりをすると、水は下に流れます。
流れた水は下に溜まり、奥まで染み渡ります。
同じ農園の土でも、水分を含んでいる奥の土は黒く、表面の土は乾きやすいので白いことを教えてくれました。
また、植物の中にも、水分を好むものとそうでないものがあり、その野菜に合った環境でよく育つことを教わりました。


ss_IMG_1242.jpg

「色」のほかにも、「におい」なども観察した子ども達。
中でも、特に関心を持ったのが「ph値」です。
これは、土が酸性・中性・アルカリ性のどれに値するのかを調べる実験です。
育てる植物によって、適正値は変わりますが、一般に、野菜を育てるのに適しているのは弱酸性と言われています。
この実験に使用するのは、ドラッグストアでも販売されている「酸度測定液(BTB液)」です。
まずは、採取してきた土に水を混ぜ、うわずみだけを取り出します。


ss_IMG_1237.jpg

そこに、酸度測定液を2〜3滴混ぜ、色の変化を観察します。
ワークシートにあるように、酸性だと赤色、中性だと黄色、アルカリ性だと緑色っぽく変化します。


ss_IMG_1268.jpg

子ども達は色の変化に興味津々!
まなざしが真剣です!


ss_IMG_1258.jpg

ちょっと色の変化が分かりにくい時は、先生と相談しました。


ss_IMG_1257.jpg

この実験の結果、みんなのうえんの土はph7.5ということが判明しました!
ちょっとアルカリ性の方に近いんですね。
みんなのうえんのメンバーが知ったら驚くかな?
子ども達は、みんなのうえんメンバーのみなさんに今回学んだことを教えてあげてね。


ss_IMG_1288.jpg

さて、ワークが終われば、次はキッチンです!
この日は気候が良かったので、外で行いました。
気持ちいい!

今回は、SANDWICHESGARDENを作ります。
食パンの上にフルーツや野菜をのせて並べ、まるで美しい庭のような風景をつくります。


ss_IMG_1284.jpg

まずは、料理研究家・堀田先生に習って、食パンの上にのせるフルーツや野菜を切ります。
柿や梨は、「難しい!」と言いながらも、果敢にチャレンジ!

ss_IMG_1287.jpg

上手ですね!


ss_IMG_1316.jpg


ss_IMG_1296.jpg

ss_IMG_1309.jpg

たくさんのフルーツと野菜が揃いました!


ss_IMG_1343.jpg

いよいよSANDWICHESGARDENを作ります!


ss_IMG_1337.jpg

フルーツをのせる食パンには、まず生クリームを塗ります。


ss_IMG_1344.jpg

そして、さきほど切ったフルーツをふんだんにのせます。


ss_IMG_1360.jpg

かわいい顔がたくさん並びましたね!


ss_IMG_1354.jpg

こちらは野菜バージョン。
新鮮な野菜をたっぷりのせます。
こちらもかわいい顔、発見!



ss_IMG_1367.jpg

SANDWICHESGARDEN、完成しました!
美しい!


ss_IMG_1370.jpg

農園で作業をしていたメンバーや、お母さん達をご招待して、早速、試食をしました。


ss_IMG_1375.jpg

みんなで食べる食事はやっぱりおいしいですね。


ss_IMG_1382.jpg

さて、おなかがいっぱいになったところで、種から育てる子ども料理教室専用の畝に苗を植えましょう!
植える苗は、さきほどのSANDWICHESGARDENのテーブルを彩った苗です。
りえ先生に、ポットから苗を取り出す方法を教わります。


ss_IMG_1383.jpg

「赤い根っこだ!」「こっちは白い!」と声を上げる子ども達。
植物によって、根っこの色がこんなにも違うんですね。


ss_IMG_1386.jpg

最後に、大きく育つようにしっかりお水をあげて、本日の「種から育てる子ども料理教室」は終了。

今後も、毎回、ユニークなカリキュラムが行われていく「種から育てる子ども料理教室」。
今日、植えた苗の成長も観察しながら進行していきます。
次回の様子もレポートしますのでお楽しみに!

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局