2014年03月11日

グリーン大阪@ハローライフ でのケータリング

3月5日、若者の就労支援施設”ハローライフ“で行われた、企業の社会貢献ネットワーク「グリーン大阪」さんのイベントでケータリングをさせていただきました。

s_IMG_0574.jpg


今回は、様々な企業で働くひとがあつまり、エコで持続可能な社会をつくるために、それぞれの企業がもつ資源を社会に還元していく方法を考える会ということで、みんなのうえんでの気付きを伝えられるようなメニューを考えました。

s_IMG_0575.jpg

農園でとれた野菜をできるだけそのまま食べていただくことがテーマ。ケータリングでは余りがちなグリーンを、無駄なく循環させるためのグリーンスムージーが好評でした。生野菜の酵素を食後に取り入れることは、カラダの調子を整えるのにも機能します。

s_IMG_0556.jpg

s_IMG_0554.jpg

s_IMG_0553.jpg

ていねいに育てられた野菜は、未熟なものもありますが、本当に捨てるところがありません。
小さいものは根っこや本体、葉っぱなどを少しずついただくことによって、栄養バランスや味の移り変わりなど、その野菜単体で非常に完成された世界を持っています。

なので可能な範囲で、根っこもそのまま提供するケータリングにチャレンジしてみました。
少し主張が強すぎるかな・・・と心配でしたが、みなさんに美味しくいただいてもらえてホッとしました。

畑での気付きを、ケータリングを通してたくさんの方にも感じてもらえるようなケータリングに、今後も磨きをかけていきます。

s_IMG_0552.jpg

s_IMG_0550.jpg

posted by みんなのうえん at 22:50 | Comment(0) | ケータリング

2013年12月14日

安立商店街の町家でケータリングをしました!

ss_s_a_写真 10.jpg

今回のケータリングは、オーナーさんと大阪市立大学の研究室が一緒になって、地域と関わる場所をつくろうとしている町家が舞台です。
この町家は、今の趣ある魅力を残しつつも、みんなが集える場所にするため、これから改修工事を行っていくそうです。
その改修工事前に行うイベントで、みんなのうえんのケータリングを行いました。


ss_a_写真 1.jpg

町家は、安立商店街の中にあります。
お料理を並べるお皿も、江戸時代や大正時代のものが並び、何とも趣のある空間でした。


ss_a_写真 20.jpg

昔からある七輪も登場。


ss_a_写真 5.jpg

テーマは「祝い事」。
寒い冬に旬の野菜・大根や柚子、かぼちゃを使った、お祝いにぴったりのお料理をご用意しました。


ss_a_写真 12.jpg

ss_a_写真 24.jpg

手まり寿司の他に、カボチャのサラダ、ふろふき大根とゆず味噌、里芋のクリームコロッケ、たらのお吸い物。


ss_a_写真 15.jpg

そして、安立商店街のお漬け物屋さんで購入した美味しいお漬け物です。

今回は、オーナーさんのご好意で、お親戚がつくっていらっしゃるお野菜を使わせていただくことになりました。
実は、このお野菜が、これまで食べたことのないくらい甘くて美味しいお野菜だったのです!
里芋のクリームコロッケやふろふき大根などにたくさん使わせていただきました。


ss_a_写真 19.jpg

イベントは、ご近所の方や「この町家を前から見たかった!」とおっしゃる方が揃い、終始、和やかに進んでいきました。


ss_a写真 27.jpg

こちらは、改修工事後の町家の模型です。
大阪市立大学の学生のみなさんが作ったものだそうです。

改修工事は、8月に終了予定。
その頃には、また今日のようにたくさんの人が集う、新しい町家にお会いできるのを楽しみにしています!
posted by みんなのうえん at 16:15 | Comment(0) | ケータリング

2013年12月01日

おおさか創造千島財団の助成活動報告会にてケータリングをしました!

ss_s_a_IMG_7641.jpg

11月30日、おおさか創造千島財団主催の助成活動報告会にて、ケータリングを行いました。

今回は、みんなのうえんが行うケータリングの中でも史上最高人数が対象のケータリングになりました。
その数、150人!
今まで最大でも30人規模の経験しかなかったので、企画を聞いた時は、のうえんメンバーともども驚いたのですが、この日を迎えるまでに、のうえんメンバーとメニューを決め、約4日間、キッチンが完備されているみんなのうえんカフェをフル稼働して準備してきました。
準備中は、たくさんののうえんメンバーが時間を見つけては、のうえんカフェに代わる代わるお手伝いに来てくださって、わいわいと準備が進行していきました。


ss_a_IMG_7606.jpg

今回のメニューは、みんなのうえんでとれたお野菜と産直市場で仕入れて来た大阪のお野菜がふんだんに使われました。
また、のうえんメンバーのアイデアやセンスでテーブルの上が素敵なお庭のように変身しました!


ss_a_IMG_7623.jpg

農園でとれたなにわ伝統野菜・こつまなんきんや茄子が入ったケークサレ。
大人気だったケークサレは、お菓子づくりが得意なみんなのうえんメンバーが4日間、ずっとオーブンフル稼働で焼き続けてくださいました。
他にも、とれたてのレンコン、赤大根、金時人参、農園のトマトのピクルスとカレー味のカリフラワー、オイル漬けキノコのピンチョス。
じゃがいも、かぼちゃ、人参、ししとう、ネギ、北加賀屋のおいしいハム屋さんのハムのピンチョス。
塩麹味噌で漬けたゆで卵。
人参と三度豆を巻いた鳥ハム。
いつもお世話になっているやさいやさんから仕入れた小松菜マフィン。
最近、農園でとれたばかりの安納芋のマフィン。

テーブルを彩っているのは、農園ですくすく育っているお花達です。

お食事の配置は、千島さんの名前にちなんで、"C"を形取りました。


ss_a_IMG_7624.jpg

また、別のテーブルでは、白菜と玉ねぎがたっぷり入った豆乳スープをご用意しました。

実は、こちらは、おかわりをしてくださる方が続出したり、中には「レシピを教えてください!」とおっしゃる方も出てきた、今後ののうえんの顔になりそうな予感がするスープでした。


ss_a_おにぎり.jpg

そして、忘れてはならないのが、みんなのうえんのケータリングのお隣のテーブルに並んだ泉州おむすび オトメゴコロさんのおむすびです!
オトメゴコロさんは、泉州でつくられたお米や食材を使っておむすびをつくり、泉州と人をつなぐ活動をされています。
実は、今日のおむすびはみんなのうえんとのコラボ。
みんなのうえんで育てた安納芋のつるの佃煮が、おむすびの中に入っているのです!
(安納芋のつるの佃煮づくりの様子はコチラから→http://minnanouen.sblo.jp/article/82656749.html


前例のない規模のケータリングでしたが、たくさんの方の「おいしい!」をいただいて、準備してきたのうえんメンバーの喜びもひとしおでした。
会場に来てくださったみなさま、ありがとうございました!




posted by みんなのうえん at 16:15 | Comment(0) | ケータリング

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局