2013年11月15日

みんなのうえん産・安納芋のつるの佃煮を作りました!

ss_s_a_IMG_3140.jpg

11月14日、オトメゴコロ泉州おむすびの義本さんをお招きして、みんなのうえんでとれた安納芋のつるを使った佃煮づくりを教えていただきました。
オトメゴコロ泉州おむすびさんは、泉州のお米や食材を使っておむすびを作っており、おいしいおむすびはのうえんメンバーの中でも大人気なのです!
もちろん、安納芋のつるの佃煮は、おむすびにぴったり。

昨年、芋掘りをしている時に、通りすがりの方に「芋はつるまで多ベられるよ」と教えていただきましたが、調理方法が分からず、そのままの状態になっていました。
しかし、今年は義本さんに教わって、みんなのうえんの安納芋のつるを佃煮にすることになりました。

そして、今回作った佃煮は、11月30日に行われるおおさか創造千島財団さん主催の助成活動報告会で、オトメゴコロさんのおむすびに変身して、みなさんの前に登場します!


ss_a_IMG_2356.jpg

そうと決まれば、まずはつるを取る所からスタートです。
佃煮をつくる数日前、第1農園でつる取り作業が行われました。
農園を囲うフェンスをつたって、どこまでも伸びるつる。


ss_a_IMG_2365.jpg

葉っぱは使えないので取ります。


ss_a_IMG_2371.jpg

しっかり洗って冷蔵庫で保存。


ss_a_IMG_3137.jpg

佃煮づくり当日、保存していた安納芋のつるの柔らかいところだけを使うため、みんなで協力してつるをプチプチちぎります。
安納芋に限らず、みんなのうえんで育つ野菜はとにかく"野生"。
農薬を使っていないため、ほぼ自然の中で育ったようなお野菜が育ちます。
安納芋のつるも、自然に負けないように、真ん中の太いつるはとても頑丈でした。


ss_a_IMG_3144.jpg

つるのやわらかいところだけを取れたら、今度は1.5cmくらいにカットしていきます。
あまり大きすぎると、おむすびに入れて握った時に、飛び出てしまうそうです。


ss_a_IMG_3154.jpg

全て切り終えたら、まずはあく取り。


ss_a_IMG_3160.jpg

しばらく沸騰させると、大量のあくが!


ss_a_IMG_3169.jpg

ss_a_IMG_3173.jpg

あくが取れたら、お醤油などを入れて落としぶたをして煮込みます。


ss_a_IMG_3181.jpg

さて、しばらく煮込んだらいい色になりました!


ss_a_IMG_3176.jpg

早速、出来立てを味見。
みんなのOKが出て、完成!

この佃煮が登場する、おおさか創造千島財団さん主催の助成活動報告会の様子は、追ってレポートしますね!

posted by みんなのうえん at 16:15 | Comment(0) | 畑のできごと

2013年08月18日

畝づくりワークショップ&BBQパーティーを行いました!

ss_s_IMG_0681.jpg

ついに、北加賀屋みんなのうえんに第2農園がオープンしました!
この第2農園の広さは、第1農園の約3倍。
これまで、敷地がいっぱいで、農園の活動に参加したくてもできなかった方々にも参加していただけるようになりました。

今日は、第2農園の畝づくりの日。
各参加者、チームごと、グループごとに分かれて、メンバーで考えたユニークな畝を作ります。
みんなのうえんでは、畝の形は全くの自由!
これまで、三角形や斜めの畝など、さまざまな畝が作られてきました。
今回も、各チームそれぞれユニークな畝を計画しています。


ss_IMG_9547.jpg

まずは参加者の自己紹介から。
9月から農園の活動に参加する新しいのうえんメンバーや、のうえんメンバーのお友達、農園の活動に興味を持っていただいている方も参加してくださいました。


ss_IMG_9561.jpg

ss_IMG_0445.jpg

畝づくりの前に、ラジオ体操。
スピーカーの接続が悪く、音楽が鳴らないといったハプニングもありましたが、そんなことも楽しみながら体をほぐします。


ss_IMG_0490.jpg

ss_IMG_0482.jpg

いよいよ畝づくり。
第2農園はとても広いので、農園メンバー以外の参加者の方にもお手伝いしていただきました。


ss_IMG_0192.jpg

コフンチームさんは、チームでの話し合いが5分もかからず決まった畝の形に。
水やりをしやすい畝になりました。


ss_IMG_9585.jpg

作業も早いです!
みんなで協力して、あっという間に完成しました。


ss_IMG_9613.jpg

バジルチームさんは、事前に話し合って決めていた畝の形を、急遽変更!
にっこり笑う人の顔を作ることになりました。
ほっぺたも作って、かわいい畝になりました。
完成した畝と一緒に、遠くから記念撮影。
「できたよー!」


ss_IMG_0508.jpg

くうねるチームさんは、特徴的な畝になりました。
真ん中が盛り上がっています!
実はこれ、大根を育てようと、わざと畝の高さを高くしているんです。
今年の冬の収穫も楽しみですね。


ss_IMG_0516.jpg

と、ここでくうねるチームさんの畝を見たスタッフが一言。
「これ、何かに似てる!モアイだ!」

ss_IMG_0518.jpg

もうモアイにしか見えなくなりました。


ss_IMG_0670.jpg

そして、9月から参加してくださる放課後等デイサービスと・らいず みーとのみなさんも、わいわいと畝づくりをしました。
スタッフの方のお子さん達もたくさん参加してくださいました。
これから賑やかになりそうですね!

s_IMG_4130.jpg

s_IMG_4135.jpg


ss_IMG_0523.jpg

畝ができたら、水やりも忘れずに。
この水やりの作業も、良い土を作るための大切な作業です。


ss_IMG_0537.jpg

みなさん、お疲れ様でした!
暑い中での作業はこれで終了です。
少し体を冷やして、BBQパーティーに突入!
テーブルには、「やさいやさん」のこだわりのお野菜と、「オトメゴコロ」さんの地産地消のおむすび、北加賀屋の美味しい鶏肉が並びました。
北加賀屋で一番美味しいお肉と、朝に収穫したばかりのみんなのうえん産の野菜も一緒に並びます。


ss_IMG_9538.jpg

ここで、本日のゲスト・「やさいやさん」と「オトメゴコロ」さんをご紹介します!
やさいやさん」は、コフンチーム・くれいさんのご紹介していただきました。
いつも安心・安全なお野菜を提供してくれるだけでなく、貴重な野菜の情報を教えていただいています。


ss_IMG_0530.jpg

オトメゴコロ」さんは、泉州のお米やお塩で作られた美味しいおむすびを提供してくださいました。
実は、この中にひとつだけ「スマイルマーク」のおにぎりがあるそうです。
当たったらラッキー!いいことがあるかも。
さて、誰が当たるのでしょうか?


ss_IMG_9647.jpg

最後に、毎日、農園の土を耕してくださっている土づくりの専門家・石山さんです。
第2農園の土のことも、「手を入れるごとに良い土になってきて、土がかわいくなってきた」とおっしゃってくださっています。
のうえんメンバーは、石山さんが丹誠込めて作ってくださった土を受け継いだら、大切に育てていきたいねと話しています。


ss_IMG_9653.jpg

ss_IMG_0544.jpg

さて、お待ちかねの乾杯!
暑い中、頑張って作業したので冷たい飲み物がより美味しく感じます。


ss_IMG_0506.jpg

ss_IMG_0554.jpg


ss_IMG_9664.jpg

こちらは冷やしトマト&きゅうり。
暑い中での作業だったので、みなさんに大好評でした。


ss_IMG_9681.jpg

「オトメゴコロ」さんのおむすびも、ほおばって食べていますね。
ごはん粒がついてますよ〜。


ss_IMG_0545.jpg

ここで、どこからともなく歓声が上がりました。
「スマイルマーク」は、コフンチーム・ちーさんに当たりました!
いいことありそうですね。


ss_IMG_0657.jpg

みんなが食事に夢中になっている最中、こちらでは「やさいやさん」に種の植え方を教わっているメンバーが。
「やさいやさん」のアドバイスに耳を傾けます。


ss_IMG_0627.jpg

ss_IMG_9687.jpg

初めて参加される方も、作業を通してたくさんの方と交流が生まれたようです。
この頃には、参加者みんなが家族のように話したり冗談を言い合ったりしていました。


ss_s_IMG_0681.jpg

楽しかったBBQパーティーもそろそろ終盤。
最後に、午前中にみんなで作った畝を前に、みんなで記念撮影。
「畝作ったぞーーー!」

ようやくスタートを切った第2農園。
これからの活動が楽しみな一日になりました。

みなさん、暑い中、本当にお疲れ様でした。
これからも野菜を育てるだけじゃない北加賀屋みんなのうえんの活動を楽しんでくださいね。
posted by みんなのうえん at 15:00 | Comment(0) | 畑のできごと

2013年08月13日

真夏の杭打ち+土づくり

最近は本当に暑い日がつづきます。
10分以上農園にいるだけでクラクラするような灼熱・・・

そんな中で急ピッチで土づくり+区画分けの杭打ち作業を行っています!!

s_970331_553624694700252_583490504_n.jpg

s_IMG_4072.jpg

shirokuroさんにもご協力いただきながら、たまたま敷地にあった大量の丸太を利用した杭をつくっていきます。

s_IMG_4069.jpg

丸ノコを上手く使って、先端を鉛筆状にしていきます!

s_1176124_553624574700264_239347579_n.jpg

それを“かけや”を使って、ひたすら打ち込む!
それが、もともとの地盤が固すぎてなかなか入らない・・・大変です。

s_IMG_8978.jpg

杭打ちで悪戦苦闘している横では、こちらも大変な土づくりが進行中。

s_IMG_8972.jpg

s_IMG_9007.jpg

土に水分を与えながら、巨大耕耘機で石山さんが土を耕し続けます。
まさに「開墾」!
第一農園の土づくりとはひと味もふた味も違います!(あっちはあっちで、時間をかけながら良い土になっています。別の進化を遂げていますね!)

以上、これからまだまだ続く、真夏の第2農園づくりレポートでした!!

s_IMG_8970.jpg

posted by みんなのうえん at 00:00 | Comment(0) | 畑のできごと

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局