2013年10月30日

畑さん家の自然農法の稲刈りに行ってきました!

肌寒くなってきた10月末日に、NHK総合「ぐるっと関西 おひるまえ」で講師をされている
畑明宏さんの田んぼで稲刈りを行いました!

ss_s_IMG_2969.jpg

6月に自分たちで植えた稲は、大きく実り、頭を垂れていました。
田植え体験の様子はこちら

ss_IMG_2952.jpg


畑さんのやっておられる自然農法は、極力手をかけずに育てるというもの。
そのため、他の田畑に比べ、雑草が野菜と同じくらい大きく育っています。

ss_IMG_2919.jpg

雑草が生えていることで、昆虫や動物たちにとって作物以外にも
エサがある状態のため、作物への被害が少なくすむそうです。

そして、肥料は家庭で出た生ゴミ。

ss_IMG_2921.jpg

土と混ぜ、雑草をかぶせるだけで充分なんだそうです!
畑にいる昆虫や菌たちが分解してくれるので、全く臭いもありません。

ss_IMG_2913.jpg

手間も時間もほとんどかけていないにもかかわらず、
とても多くの作物が実っていました!

ss_IMG_2930.jpg

ss_IMG_2936.jpg


一通り畑さんの農法について説明を受けたあと
稲刈りを行う田んぼに向かいました。

まずは、田んぼの隅で火をおこします。

ss_IMG_2948.jpg

ss_IMG_2950.jpg

暖をとる、という目的とは別に、稲刈りのときの慣習でもあるそうです。
火がおこると、あっという間にみんなが焚き火の周りに集まりました!

みんなが集まったところで、
畑さんに稲刈りのコツと束ね方を教わります。

ss_IMG_2958.jpg

ss_IMG_2962.jpg

畑同様、田んぼも、稲と同じくらいの勢いで雑草が生えていて
かき分けながら稲の束を見つけ、刈っていきます。

3束ほど交差させて重ねたら、藁で束ねて、干していきます。

ss_IMG_2959.jpg

ss_IMG_2961.jpg

稲を重ねるときも、干していくときも、一束ずつ交差させていきました。
交差させることで、ばらばらだった束がそれぞれに噛み合っていくため
外れにくく、安定してまとまっていくそうです。

一通り説明を受けたら、それぞれ自分の場所を決め、
移動したところで作業に入ります。

ss_IMG_2966.jpg

ss_IMG_2986.jpg

夢中になって進んでいくと、あっという間にこんなところまで!

ss_IMG_3026.jpg

周りの誰よりもたくさん稲を刈っていました!

途中、昨年穫れたお米でポン菓子をつくりました!

ss_IMG_2978.jpg

この状態のお米を焚き火にくべていきます。

ss_IMG_2996.jpg

すると、ポンポン音が鳴りはじめ、
あっという間にポン菓子が出来上がりました!

ss_IMG_3016.jpg

できたては、ふわふわで香ばしかったです。
休憩したあとは、稲刈り作業に戻ります。

ss_IMG_3043.jpg

みんな黙々と進んでいき、田んぼの半分以上の稲を刈っていきました。
そして、あっという間にこんなに収穫することができました!

ss_IMG_3056.jpg

今年穫れたお米で、年末におもちつきを行います!
いまからとても楽しみです^^

またご報告する予定ですので、お楽しみ!
posted by みんなのうえん at 19:38 | Comment(0) | 体験/見学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局