2013年08月20日

種から育てる子ども料理教室 オリエンテーション

昨年も実施した、種から育てる子ども料理教室
この夏も、教室の内容もバーションアップし、新農園で開催します!

今日は、その最初のオリエンテーションが行われました。

s_IMG_9824.jpg

今年も教室の先生を努めてくださるのはこのお二人。
福本理恵さんは、心理学や子どもの教育の専門家で、「豊かな心は、楽しい食卓から」をテーマに活動されています。今回の教室のカリキュラムづくりを担当。
堀田祐介さんは料理研究家で、生産者と生活者をつなぐ活動を展開されていて、「foodscape!」という食のモザイクアートなどをはじめ、各地で様々な活動をされています。(HP:http://welcametofoodscape.blogspot.jp)

まずは、福本さんからこれまでの活動や、今年の活動について紹介していただきます。

s_IMG_9708.jpg

s_IMG_9715.jpg

今年は、種まきを「たねだんご」を使っておこないます。
「たねだんご」とは、色んな種類の種を粘土で固めたもので、土の上に蒔けば、その土地の環境にあった植物が発芽するというものです。
さらに、水分の多い粘土に包まれているため、頻繁に水やりをしなくても、自然の雨だけで発芽する優れものなのです。

s_IMG_9755.jpg

s_IMG_9758.jpg

触ったり、匂いをかいだりしてみます。
つるつるして手触りが良くて、匂いはあまりない様子。

説明をうけたら、みんなで早速農園に向かいます!

s_IMG_9778.jpg

s_IMG_9787.jpg

たねだんごは、適当に蒔くのがコツらしく、投げて蒔きます。
なので、場所を見失わないようにするための旗をつくります。

s_IMG_9795.jpg

旗ができたら、早速種まきです!
たねだんごを、投げる!投げる!ひたすら投げます。

s_IMG_9820.jpg

そして、落下点を見逃さないようにして、ひとつずつ旗を刺していきます。

s_IMG_9804.jpg

s_IMG_9805.jpg

s_IMG_9817.jpg

こんなにたくさんの旗がたって、かわいい感じになりました!
これが、どれだけ発芽するか楽しみですね!

今年の種から育てる子ども料理教室もついにはじまりました!
これからの活動もレポートしていきますので、是非ごらんください。

s_IMG_9826.jpg


種から育てる子ども料理教室 HP:http://kodomoseed.blogspot.jp

2013年08月19日

商品開発部! スタート!!

「こんだて部」につづく、みんなのうえんメンバーによる自主サークルの第2弾、
「商品開発部!」がこの度、新たに発足しました。

ケータリングや収穫できたものでパーティーをしている内に、
「こんなに美味しいものをもっと多くの人に届けるには、
商品にして販売するのが一番良い!」
という声が高まり、有志で立ち上げることになりました。

この日は商品開発部のはじめての集まり。

s_IMG_9035.jpg


日本各地でコミュニティデザインに取り組み、みんなのうえんも共に運営しているstudio-Lの曽根田さんが集めてきてくれた、
瀬戸内のお土産をつまみながら、これからの展開についての話に花を咲かせました。

s_IMG_9032.jpg

そのお土産たちがコチラ!

s_IMG_9029.jpg

瀬戸内らしい、柑橘系のお土産が多く並びます。
色々な種類の柑橘ピールがありましたが、特に甘夏のピールが絶品!
食べたことのない食感で、甘夏の苦みもちょうどいい感じです。


s_IMG_9023.jpg

みんなのうえんでたくさん採れたトマトを使って、ジャムを作っていたのでそれもテーブルに。
農園では、一度に食べきれない量がとれることもあるので、こういった保存食は重宝します。

他にも、第一回ということで参加メンバーも色々と持ってきてくれています。
ピクルスは、本当に作っている人によって味が千差万別なので、面白いですね。

でそろった商品たちを盛りつけます。

s_IMG_9033.jpg

s_IMG_9035.jpg

キレイに盛りつけると一気に盛り上がり、
本来の話し合いを忘れて、しばらく味見タイムに突入!

一通り食べて満足して、話し合いがようやくスタートしました。

s_IMG_9073.jpg


まず、この商品開発部で、なにを目指したいか。
ただ、農園の野菜を使った商品を作って、売る だけではなくて、
商品を開発していく流れの中で、多くの人にみんなのうえんを知ってもらったり、
出来上がった商品を通して地域と繋がる仕組みが作りたい。

例えば、「みんなのうえんオリジナル瓶 リユース&つながりづくりシステム」。
昔、酒屋さんや地域のお祭りなどであった、“飲み終わった or 食べ終わった瓶を持って来たら、20円返ってくる” というようなシステムを踏襲して、
みんなのうえんオリジナル瓶でつながる、「農園ファンネットワーク」が作れないか?
オリジナル野菜ジャムやジュースを商品として開発して、
瓶を持って来てくれたら割引で変えれば、定期的にみんなのうえんに来て頂く機会がつくれるんじゃないか。

せっかくなので瓶もカワイイ瓶を作って、インテリアとして使う人もいるくらいにしたいよね!
と話は盛り上がりました。

他にも、色んな団体や施設と連携したり、
クラウドファンディングに挑戦してみたりなど、展開についてのアイデアや
作ってみたい商品もたくさん種類がでました。

s_IMG_9075.jpg


この日は一日目にふさわしく、まずは、たくさんアイデアを出して、夢を膨らませることができました。

これから、実際商品を作っている方にお話をきいたり、リサーチをしたりなど
具体化に向かって少しずつ進めていきたいと思います!


みなさん、その時は是非ご協力よろしくおねがいしますね〜^^


posted by みんなのうえん at 00:00 | Comment(0) | 部活動

2013年08月18日

畝づくりワークショップ&BBQパーティーを行いました!

ss_s_IMG_0681.jpg

ついに、北加賀屋みんなのうえんに第2農園がオープンしました!
この第2農園の広さは、第1農園の約3倍。
これまで、敷地がいっぱいで、農園の活動に参加したくてもできなかった方々にも参加していただけるようになりました。

今日は、第2農園の畝づくりの日。
各参加者、チームごと、グループごとに分かれて、メンバーで考えたユニークな畝を作ります。
みんなのうえんでは、畝の形は全くの自由!
これまで、三角形や斜めの畝など、さまざまな畝が作られてきました。
今回も、各チームそれぞれユニークな畝を計画しています。


ss_IMG_9547.jpg

まずは参加者の自己紹介から。
9月から農園の活動に参加する新しいのうえんメンバーや、のうえんメンバーのお友達、農園の活動に興味を持っていただいている方も参加してくださいました。


ss_IMG_9561.jpg

ss_IMG_0445.jpg

畝づくりの前に、ラジオ体操。
スピーカーの接続が悪く、音楽が鳴らないといったハプニングもありましたが、そんなことも楽しみながら体をほぐします。


ss_IMG_0490.jpg

ss_IMG_0482.jpg

いよいよ畝づくり。
第2農園はとても広いので、農園メンバー以外の参加者の方にもお手伝いしていただきました。


ss_IMG_0192.jpg

コフンチームさんは、チームでの話し合いが5分もかからず決まった畝の形に。
水やりをしやすい畝になりました。


ss_IMG_9585.jpg

作業も早いです!
みんなで協力して、あっという間に完成しました。


ss_IMG_9613.jpg

バジルチームさんは、事前に話し合って決めていた畝の形を、急遽変更!
にっこり笑う人の顔を作ることになりました。
ほっぺたも作って、かわいい畝になりました。
完成した畝と一緒に、遠くから記念撮影。
「できたよー!」


ss_IMG_0508.jpg

くうねるチームさんは、特徴的な畝になりました。
真ん中が盛り上がっています!
実はこれ、大根を育てようと、わざと畝の高さを高くしているんです。
今年の冬の収穫も楽しみですね。


ss_IMG_0516.jpg

と、ここでくうねるチームさんの畝を見たスタッフが一言。
「これ、何かに似てる!モアイだ!」

ss_IMG_0518.jpg

もうモアイにしか見えなくなりました。


ss_IMG_0670.jpg

そして、9月から参加してくださる放課後等デイサービスと・らいず みーとのみなさんも、わいわいと畝づくりをしました。
スタッフの方のお子さん達もたくさん参加してくださいました。
これから賑やかになりそうですね!

s_IMG_4130.jpg

s_IMG_4135.jpg


ss_IMG_0523.jpg

畝ができたら、水やりも忘れずに。
この水やりの作業も、良い土を作るための大切な作業です。


ss_IMG_0537.jpg

みなさん、お疲れ様でした!
暑い中での作業はこれで終了です。
少し体を冷やして、BBQパーティーに突入!
テーブルには、「やさいやさん」のこだわりのお野菜と、「オトメゴコロ」さんの地産地消のおむすび、北加賀屋の美味しい鶏肉が並びました。
北加賀屋で一番美味しいお肉と、朝に収穫したばかりのみんなのうえん産の野菜も一緒に並びます。


ss_IMG_9538.jpg

ここで、本日のゲスト・「やさいやさん」と「オトメゴコロ」さんをご紹介します!
やさいやさん」は、コフンチーム・くれいさんのご紹介していただきました。
いつも安心・安全なお野菜を提供してくれるだけでなく、貴重な野菜の情報を教えていただいています。


ss_IMG_0530.jpg

オトメゴコロ」さんは、泉州のお米やお塩で作られた美味しいおむすびを提供してくださいました。
実は、この中にひとつだけ「スマイルマーク」のおにぎりがあるそうです。
当たったらラッキー!いいことがあるかも。
さて、誰が当たるのでしょうか?


ss_IMG_9647.jpg

最後に、毎日、農園の土を耕してくださっている土づくりの専門家・石山さんです。
第2農園の土のことも、「手を入れるごとに良い土になってきて、土がかわいくなってきた」とおっしゃってくださっています。
のうえんメンバーは、石山さんが丹誠込めて作ってくださった土を受け継いだら、大切に育てていきたいねと話しています。


ss_IMG_9653.jpg

ss_IMG_0544.jpg

さて、お待ちかねの乾杯!
暑い中、頑張って作業したので冷たい飲み物がより美味しく感じます。


ss_IMG_0506.jpg

ss_IMG_0554.jpg


ss_IMG_9664.jpg

こちらは冷やしトマト&きゅうり。
暑い中での作業だったので、みなさんに大好評でした。


ss_IMG_9681.jpg

「オトメゴコロ」さんのおむすびも、ほおばって食べていますね。
ごはん粒がついてますよ〜。


ss_IMG_0545.jpg

ここで、どこからともなく歓声が上がりました。
「スマイルマーク」は、コフンチーム・ちーさんに当たりました!
いいことありそうですね。


ss_IMG_0657.jpg

みんなが食事に夢中になっている最中、こちらでは「やさいやさん」に種の植え方を教わっているメンバーが。
「やさいやさん」のアドバイスに耳を傾けます。


ss_IMG_0627.jpg

ss_IMG_9687.jpg

初めて参加される方も、作業を通してたくさんの方と交流が生まれたようです。
この頃には、参加者みんなが家族のように話したり冗談を言い合ったりしていました。


ss_s_IMG_0681.jpg

楽しかったBBQパーティーもそろそろ終盤。
最後に、午前中にみんなで作った畝を前に、みんなで記念撮影。
「畝作ったぞーーー!」

ようやくスタートを切った第2農園。
これからの活動が楽しみな一日になりました。

みなさん、暑い中、本当にお疲れ様でした。
これからも野菜を育てるだけじゃない北加賀屋みんなのうえんの活動を楽しんでくださいね。
posted by みんなのうえん at 15:00 | Comment(0) | 畑のできごと

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局