2013年06月22日

自然農法の田植えに挑戦しました!

ss_s_IMG_8623.jpg


6月吉日、NHK総合「ぐるっと関西 おひるまえ」で講師をされている畑明宏さんの農園見学に行ってきました!
畑さんは、自然のサイクルを大切にした自然農法をされています。
この日は、畑さんに教わりながら、今まで体験したことのない田植えに挑戦しました。


th_IMG_8420.jpg

この日は晴天。
絶好の田植え日和でした。


th_IMG_8431.jpg

まずは、稲の取り方から教わります。
稲の根っこの流れにそって取り分けていきます。


th_IMG_8435.jpg

籾殻(もみがら)から根が伸びている様子を観察するこどもたち。


th_IMG_8427.jpg

気合いみなぎる大人たち。


th_IMG_8436.jpg

今回の田植えは、水をはっていない田んぼで行います。
よく見ると、去年、稲を刈った跡が残っています。
今年、植える稲は、この刈り取った稲の根をつたって大きく育つそうです。
まずは、移植ゴテを使って、土に穴をあけます。


th_IMG_8439.jpg

そこに稲を深めに差し込んで、周りの土をぎゅっと固めます。
稲を深めにさすことで、後から田んぼに水を入れた時に稲が浮いてくるのを防ぎます。


th_IMG_8526.jpg

こちらは通称「はた棒」。
稲と稲の間(大体40cm)を測ることができます。
畑さんの田んぼでは、おうちで食べるのに必要なだけを作っているので、一般的な稲の間隔より広いそうです。


th_IMG_8441.jpg

田植えの仕方を教わったら、みんなで田植えです!
「頑張るぞーーーっ!」


th_IMG_8474.jpg

早速、田植えに挑戦!


th_IMG_8457.jpg

最後に周りの土をぎゅっと固めるのも忘れていません。


th_IMG_8464.jpg

田植えの魅力に取りつかれた大人たち。
黙々と修行のように田植えをする人、みんなでわいわい話しながら田植えをする人など、さまざまです。


th_IMG_8501.jpg

th_IMG_8452.jpg

一方、こどもたちは普段あまり見ることのない稲の苗に興味津々です。


th_IMG_8470.jpg

みんなが作業に一生懸命になっている間に、畑さんが休憩用のテントを張ってくださいました。
竹を利用したテントです。


th_IMG_8505.jpg

あっという間に、こどもたちの休憩所になりました。


th_IMG_8463.jpg

大人も休憩中。笑


th_IMG_8617.jpg

田んぼの横にある水路は、天然の冷蔵庫。
とっても冷たくて、作業の間の休憩に最適でした。
お茶は水路で冷やしました。
まるで映画みたいな素敵な光景です。


th_IMG_8493.jpg

さて、田植えが始まると同時に入れ始めた水が、徐々に田んぼに広がってきました。


th_IMG_8478.jpg

「水が入って喜ぶ生き物もいれば、そうでない生き物もいるんだよ。」と畑さんが教えてくださいました。


th_IMG_8543.jpg

水かさが増すにつれて、作業が思うようにしにくくなりました。
水を張った田んぼでの田植えのコツを、改めて伺います。


th_IMG_8559.jpg

th_IMG_8577.jpg

コツを掴むと、また夢中で田植え続行です。


th_IMG_8611.jpg

手作業の味が出ていますね。
ちょっと歪んでいるのも手作業ならではです。


th_IMG_8561.jpg

その頃、子どもたちは近くを探検したり...


th_IMG_8567.jpg

田んぼで泥水の掛け合いをしたり...


th_IMG_8590.jpg

癒し担当ののうえんメンバー・やさいくんと「お米ダンス」を踊ったり、しっかり楽しんでいました。


th_IMG_8605.jpg

よく育ちますように!


th_IMG_8623.jpg

田植え後は、みんなで記念撮影。
「米」のポーズ!


th_IMG_8629.jpg

田植え後は、畑さんの大切な農具を紹介していただきました。


th_IMG_8642.jpg

こちらは足踏み脱穀機。
稲穂からお米の部分だけを取り外す機械です。


th_IMG_8640.jpg

こちらは唐箕(とうみ)。
風で、お米とゴミを仕分けます。


th_IMG_8644.jpg

こちらは脱穀した後にできる藁です。
畑で野菜を育てる時に使います。
全く無駄がないですね。


th_IMG_8685.jpg

畑さんの畑も見学させていただけることに。


th_IMG_8682.jpg

ここで今、育てているキュウリは、去年植えた茄子の枯れた枝を支柱代わりにして、すくすく伸びていました。
おうちで出た生ゴミを肥料にする時は、土に混ぜると、うまく混ざり合い、カラスがつつきに来ることもないそうです。
こうした一手間が大切なんですね。


また、「全ての野菜が100点である必要はない。50点の野菜がたくさん集まったら100点になる。」と
教えていただきました。
これを聞いたのうえんメンバーは、「全部の野菜を立派に育てようとしていたけど、それを聞いて安心した。」と
ほっとした表情になりました。
中には「今日から畑さんのことを神様と呼ぼう」と言うメンバーも。

th_IMG_8690.jpg

畑の横には、木の葉の山が。


th_IMG_8691.jpg

「腐葉土を作る時、じっくり時間をかけてその土地にある土と混ぜてあげたら、においもしない、
その土地に合ったものが完成するよ。」と教えてくださいました。
実際に、畑さんが作っている腐葉土のにおいをかいでみましたが、全くにおいがしませんでした。


th_IMG_8703.jpg

最後は畑さんのお宅へ。
畑さんのお宅の前では、一畳菜園をされています。
木箱を使うことで、簡単に菜園を始められます。


th_IMG_8711.jpg

とっても可愛いですね!
この後、畑さんこだわりのお宅を紹介していただいたり、ヘルシーなおやつをいただいたり、
丸一日、充実した時間を過ごしました。


th_IMG_8749.jpg

畑さん宅前で記念撮影。
貴重なお話とおいしいおやつをありがとうございました!


th_IMG_8757.jpg

帰りは、一家で最寄り駅まで送ってくださいました。
別れ際、今日1日で意気投合した、畑さんとのうえんメンバー・やさいくんの包容も見られました。

あたたかいおもてなしと癒しの時間を、ありがとうございました!


posted by みんなのうえん at 21:08 | Comment(0) | 体験/見学

2013年06月06日

6月1日・2日「ECO縁日」にて、料理研究家・堀田裕介さんと北加賀屋みんなのうえんのコラボ・ケータリングを出店しました!

ss_s_IMG_8185.jpg

6月1日・2日、鶴見緑地公園で開催された「ECO縁日」にて、
料理研究家・堀田裕介さんと北加賀屋みんなのうえんのコラボ・ケータリングを出店しました!

ss_IMG_7791.jpg

まずは1日目。
みんなで協力してお店をつくっていきます。
メニュー看板はのうえんメンバー・みちこさんが描いてくれました。
どこに看板を置いたら、お客さまから見えやすいか相談しながら設置しました。

ss_IMG_7782.jpg

この日のメニューに使われた、鶴見緑地公園でとれたじゃがいもと玉ねぎと、
みんなのうえんに咲いているお花のコラボ・ディスプレイ。
どちらも色鮮やかです。

ss_IMG_4643.jpg

今回のメニューは、フライドポテトとオニオンスープ。
メニューには、このイベントの会場となった鶴見緑地公園で収穫されたじゃがいも・玉ねぎがたくさん使われています。
みんなのうえんでとれたハーブも使われていますよ。

ss_IMG_7761.jpg

お店の準備ができたら、タイムスケジュールを確認します。

ss_IMG_7807.jpg

料理研究家・堀田さんに、フライドポテトの揚げ方のコツや温度調節を教わります。
揚げ方によって味や見た目が全く変わってくるので、おいしいフライドポテトを作るためにみんな真剣に聞いています。

ss_IMG_4660.jpg

おいしそうですね〜!
フライドポテトは、揚げたてのポテトに塩やチリペッパー・カレースパイスなどの11種類のスパイスを振りかけて、
袋を振って出来上がります。
たくさん種類があって、迷いますね。

ss_IMG_7788.jpg

オニオンスープの準備もバッチリです。
トマトソース・オニオンペースト・ジェノベーゼ・フレッシュオニオンドレッシングの4種類のソースを混ぜて、
スープを自分の好きな味に変えて味わうことができます。
最後に振りかけるフレーバーには、農園でとれたハーブが使われています。

ss_IMG_4660.jpg

いよいよオープン。
初めてのお客様がいらっしゃいました!
スタッフみんな、少し緊張しました。

ss_IMG_7979.jpg

時間が経つにつれて、どんどんお客様が増えてにぎわってきましたよ〜!

ss_IMG_4649.jpg

メニューの説明に加えて、みんなのうえんの紹介もさせてただきました。
みんなのうえんに参加しているメンバーの言葉に、お客さまも興味津々でした。

ss_IMG_7987.jpg

ss_IMG_7989.jpg

大好評のフライドポテトを喜んで食べてくれた3兄弟。
おいしそうにほおばってくれたのが印象的でした。
「来年も来る?」の声がとても嬉しかったです!


ss_IMG_6989.jpg


2日目。
1日目と参加メンバーが変わって、また新鮮な雰囲気です。

ss_IMG_8009.jpg

こちらは、働き者の看板娘です。
みんなのムードメーカーになってくれました。

ss_IMG_8149.jpg

あつあつのオニオンスープも大好評!
よく晴れた日でしたが、注文が相次ぎました。

ss_IMG_8142.jpg

ss_IMG_8170.jpg

昨日からの口コミでリピーターのお客さまが多く、フライドポテトは一時、売り切れ状態になるほどの大盛況でした。
最後には、オニオンスープもフライドポテトも完売!



ss_IMG_8020.jpg

2日目は、じゃがいも掘り体験も行いました。
家族での参加者が集まりました。

ss_IMG_8038.jpg

この畝に隠れているじゃがいもを掘り当てますよ〜!

ss_IMG_8043.jpg

こちらは、仲良し親子。
お父さんにコツを聞きながら、たくさんじゃがいもを掘り当てました。

ss_IMG_8095.jpg

この日の最年少参加者も頑張ります!
じゃがいもを袋に入れるお手伝いをしています。

ss_IMG_8068.jpg

大きなじゃがいもとれたよ!

ss_IMG_8127.jpg

最後に参加者みんなで記念撮影。
じゃがいも、とったぞーーー!
持って帰れないくらいの量のじゃがいもが出てきて、みんな大満足でした。
この日の晩ご飯はカレーかな?
今日のじゃがいも掘り体験のことを話しながら、おうちでおいしくいただいてくださいね。


ss_IMG_4728.jpg

今回「ECO縁日」ではアーバングリーンラボさんのご協力で、会場にアリガトウノハナを展示することができました。
ポータブル芝生に感謝の気持ちがたくさん詰まったアリガトウノハナが、会場いっぱいにたくさん咲きました。
初めての芝生とアリガトウノハナのコラボは、とても新鮮で素敵でした。

ss_IMG_4536.jpg

準備の様子。
自然と子どもが集まって、準備を手伝ってくれました。

ss_IMG_7936.jpg

お客様の足下に、アリガトウノハナがたくさん咲いています。

ss_IMG_7896.jpg

足を止めて、メッセージを見てくれる方も。

ss_IMG_7940.jpg

当日も感謝のメッセージがたくさん集まり、会場中を環境と自然に対する感謝の気持ちで
いっぱいにすることができました。

アーバングリーンラボさん、ありがとうございました!


posted by みんなのうえん at 18:19 | Comment(0) | ケータリング

paperC no.005に、北加賀屋みんなのうえんのコラムを掲載していただきました。

ss_IMG_7053.jpg

ss_EPSON013.jpg

paperC no.005に、北加賀屋みんなのうえんのコラムを掲載していただきました。

3月29日に開催された、千島土地/おおさか創造千島財団主催のレセプションパーティーに出店した
北加賀屋みんなのうえんの「スープワークショップ屋台」。
準備からレセプションパーティー当日の様子までご覧になれますので、
是非、ご覧ください。

記事を大きくしてご覧になりたい場合は、上記の記事の画像をクリックしてください。

▼おおさか創造千島財団HP
http://www.chishimatochi.info/found/?post_type=letter

posted by みんなのうえん at 12:51 | Comment(0) | メディア

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局