2012年08月28日

看板づくりWS開催しました

8/25 、各チーム毎にオリジナルの看板づくりを行いました。今回作った看板はチーム名が書かれていて、チームの顔になる重要な看板です。
今回の看板づくりは、作り方やデザインの方向性についてドットアーキテクツさんに監修していただきながら考えました!
当日は向井さんに形の美しさや、工具の正しい使い方についてレクチャーしていただき、メンバーの看板づくりもサポートしていただきました。

1.jpg

2.jpg


看板に使う木材は、農具倉庫と同じ、北加賀屋の旧家具工場の資材置き場に残された、立派な木材を使いました!
大きさの上限、使う素材、フォントの色は全チーム共通のルールとしてデザインに統一感をもたせながら、看板のカタチ、チーム名のフォントなどで、各チームの個性を出しています。

向井さんのレクチャーの後は、それを踏まえてチームで、看板の大きさ、フォントの位置などを検討します。

3.jpg

4.jpg

検討は模造紙を使って原寸大の検討と、実際の木材をみながら行いました。
木材特有の曲線を活かしたり、キレイに見える形のバランスを考えます。

5.jpg

看板の大きさが決まったら、使いたい木材を選び、手のこでカットしていきます。

6.jpg

工具を普段あまり使わないメンバーですが、力を合わせてどんどん木材をカットしていきます。
ちょっとした四角形のバランスで、印象が大きく変わるので丁寧に大きさを考えて、カットしました。

7.jpg

看板の杭につかう角材も先端を尖らせていきます!

カットができた木材から、チーム名をいれていきます。

8.jpg

パソコンで出力したフォントをもとに、キレイに書いたり、フリーハンドで柔らかさを表現したりなど、それぞれのチームの特色がでるやり方で名前を入れました!

9.jpg

10.jpg

完成した看板はこちら!!

11.jpg
杭を取り付けて、農園に設置するのはまた後日になりました。

[12.jpg

13.jpg

その後は、北加賀屋クリエイティブファームに代わる農園の愛称について、現状で出ている案の整理をおこないました。

大きくわけると、
カタカナを使ってかっこいい名前にするのか、
わかりやすい単語や親しみのある言葉を織り交ぜてキャッチーな名前にするのか、
普段農作業をして感じたことや印象的なものごとからつけた名前などにわけられました。


愛称は次回、それぞれが持ち寄った案を発表し、みんなで議論して決めることになりました。
posted by みんなのうえん at 00:00 | Comment(0) | ものづくりイベントレポート

2012年08月19日

勉強会+月例ミーティング

8月19日勉強会+月例ミーティングを行いました。

若手農家の会4Hクラブの寺本さんに、野菜の基礎知識を教えていただきました。

c0234457_20553450.jpg

内容は、野菜を育てるための基礎知識、今育ててる野菜の栽培の方法など。
当初1時間は農園でのレクチャー、残り1時間は北加賀屋西部福祉会館での座学の予定でしたが、天候悪化のため、福祉会館での2時間程度の座学を行いました。

1.jpg

作物の一生の4つの段階で、作物がどういった働きをするのか、何を必要とするかと、栽培管理の方法などを学びました。その4つの段階は、
1.種から発芽 
2.栄養成長 
3.生殖成長
4.貯蔵  
というもので、プロジェクトメンバーのみなさんは、初めて聞くようなことも多く、ところどころで質問があがっていました。
基礎知識を教えてもらった後は、それぞれの野菜の育て方のコツなど、色々な農家さんから仕入れた現場ならではの情報を交えながらレクチャーしていただきました。

2.jpg

その後、はじめての月例ミーティグを行いました。
苗を植えてから2週間と少し経ち、少し作業がわかってきたところで色々な改善点を出し合いました。

その前に、まずは農園の愛称を考えるワークショップを行いました。

3.jpg

まずは、今、農園に対してもっているイメージから話し合いました。

意見で出た、「みんなで協力」「楽しい」「いやし」「集まる」などのキーワードをもとに愛称の案をそれぞれ出し合い、数案にまで絞りました。参加できていない方もいるので、後日改めて決めることになりました。

4.jpg

ミーティングでは今後の改善点を話し合いました。全体の水やり当番表をつくって、フォローし合える体制をつくることや、ノートを設置して肥料や手入れの管理の情報を共有することなど、たくさんの意見がでました。

5.jpg
posted by みんなのうえん at 00:00 | Comment(0) | 体験/見学

2012年08月12日

種から育てる子ども料理教室

8月10日、堀田さんの「種から育てる子ども料理教室」の第三回目が行われました!

料理教室のブログでも当日の様子が紹介されています。
これまでの教室の様子も合わせてみれるので、是非ごらんになってください。

http://kodomoseed.blogspot.jp/?m=1

3回目にあたる今回は、ずっと見学させていただきました。
こどもたちに農園でとれた野菜をすごく美味しそうに料理してもらいました!
本当にびっくりするほど、上手だったので簡単にレポートさせていただきます!


c0234457_048857.jpg

まずはみんなの野菜の前に集合して始まりの挨拶。

1.jpg

堀田シェフにアドバイスしてもらいながら、野菜の手入れや、種まき、収穫など色んな作業をこなしていきます。

2.jpg

病気になってしまっている葉っぱは、ハサミで切っていきます。
子どもたちはなかなか判別するのが難しくて、シェフは質問攻め!
でもわかってきたらしっかりと手入れできていました。

僕も盗み聞きしながら勉強させてもらっています!

3.jpg

収穫もします。
一週間たつと、キュウリもすごく大きくなっていて収穫しがいがあります。
やっぱり収穫は楽しいみたいで、みんなテンションがあがってきました!

4.jpg

まだ種まきをしていない子は、種もまきました。


その後は、キッチンに移動して今日の料理のテーマが発表されます。

テーマは「マリネ」でした。農園でとれた野菜を、ハーブやスパイス、オイルで味付けしておいしく食べます。

5.jpg

生で食べる野菜と、どう変わるのか学びます。

農園でとれたバジルの香りをチェック!

6.jpg

野菜の切り方も丁寧に教えてもらいます。

7.jpg


色々なスパイスの香りや味を覚えて、自分たちのオリジナルの配合でマリネをつくりました!
8.jpg

すごくおいしそう!!

9.jpg

とれたての野菜も美味しいですが、こうやって調理すると本当に美味しそう。。。


料理教室はあと3回。
最後にはどんな料理を子どもたちが作ってくれるのか、すごく楽しみです!




お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局