2016年07月03日

[レポート]トークセッション「土はどこから生まれるのか?」

土はどこから生まれるのか

「土はどこから生まれるのか?」

農園をやっていると、もちろん避けては通れない「土」のこと。
身近なようで、どうすればいいのかわかりにくい存在でもあり・・・。
様々な商品や情報が溢れているように見えて、その土がどうやって作られているのかはよくわからないという実感があります。

日本では有機農業の現状では、あまり自作で土を作ることはされず土や堆肥は購入されることが多いようです。
それに比べ海外では自分の畑の土は自分で作ることがかなり根付いているそう。

今回は、そんな土の謎や、土本来が持つ力を学ぶために、リビングソイル研究所の西山雄太さん、みんなのうえんアートプログラムを一緒に進めている淀川テクニックの柴田英昭さんをお招きし、土についての勉強会を開催しました。

土はどこから生まれるのか

集まったメンバーは、みんなのうえんの畑メンバーを中心に、様々な形で農に関わる方々。
みなさんやはり、とても関心が高い方ばかりでした。

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

プログラムでは、自己紹介の後、まずは西山さんにお話をお伺いしました。
これまでに西山さんが見てきた、管理されていて良い状態の土とそうではない土が、どういう機能性の違いを持つのか。管理コストを長期的に見れば、どちらが得なのかといった合理的な説明で、いかに土を作ることが必要かを教えていただきました。

そして日本はまだまだ土の元となる枯れ草などが「ゴミ」扱いされていると。

この辺りは、淀川のゴミや漂流物にアート作品としての新たな価値を与える作品を作ってこられた、淀川テクニックさんにも通じる部分があるように感じました。

お話を聞いた後は、みんなのうえんの畑を見ながら、実際に有機物が土に帰っていく仕組みやプロセスについて土に触れながら見学。

土はどこから生まれるのか

思っていたよりもシンプルで簡単な土の循環。
ただ単に積んでいただけの枯れ草でも下の方では、様々な生き物がうごめき、土が作られていました。

巷で良くある「生ゴミコンポスト」は匂いや虫などが発生し失敗することも多く、そのせいでコンポストのイメージがとても難しいものと思われていることも大きな日本の特徴のようです。
また、農法にとらわれず、土地に合わせた良い土を作る方法を考えることが重要だとも教えていただきました!

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

これは微生物の粘液などで作られた団粒上になった土。
この土はスポンジのように水分を蓄え、無駄な水分は放出する機能性があり、この土が増えると保水性と排水性を兼ね揃えたいい土になります。


サロンに戻った後は、参加者も交えてディスカッション。
様々な質問が飛び交い、今すぐにでも実現可能なアイデアや、今後の展望などが話されました。

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

土はどこから生まれるのか

前年12月に行われたノグソフィアの伊沢さんのお話と、今回の学びを踏まえて、淀川テクニックの柴田さんとオリジナルのコンポストを作っていきます。
そして、みんなで楽しい土づくりを展開していきます!

乞うご期待です!

posted by みんなのうえん at 23:08 | Comment(0) | 農のイベントレポート

2016年06月01日

農園ケータリング@MAXRAYさん

みんなのうえんケータリング

大阪・本町で開催された、MAXRAYさんの新商品お披露目レセプションでケータリングの機会をいただきました。
MAXRAY WEB : http://www.maxray.co.jp/

みんなのうえんケータリング

今回は、みんなのうえんメンバーのユニット「46ban table」とケータリングを提供。
みんなのうえんでとれたての、新鮮で無農薬のシソやあやめ雪(ピンクのカブラ)を使ったり、
北加賀屋の金賞ハム屋「大原ハム」さんのソーセージを使わせていただき、
レセプションに華を添えるフィンガーフードをご用意いたしました。

メニューは、
・ジャガイモのシソジェノベーゼ
・プチトマトとクリームチーズのピンチョス
・北加賀屋の大原ハムのソーセージ
でした。

みんなのうえんケータリング

みんなのうえんケータリング

みんなのうえんケータリング

シンプルに素材の味を活かし、みんなのうえんや北加賀屋ならではの特徴が出せたかなと思います。

これから、もっと野菜が増えてくる楽しみな季節です。
カブラやニンジンが終わったら、オクラやキュウリ、とうもろこし、ナス、何と言ってもトマト!
たくさん美味しい野菜が実ります。

これからも、カフェや野菜販売、オーガニックの野菜をふんだんに使ったケータリングなどを通して、農園の美味しく旬で豊かな食を届けられたらと思います。

みんなのうえんケータリング

みんなのうえんケータリング

みんなのうえんケータリング
posted by みんなのうえん at 23:06 | Comment(0) | ケータリング

2016年05月28日

Parabolic Farmオープンメンテナンス&みんなカーゴWS

みんなカーゴ國府理

2016年5月28日はイベント盛りだくさんの1日でした。
46ban tableによるカフェの横では、故國府理さんの作品「Parabolic Farm」のオープンメンテナンス、そしてみんなカーゴWSも同時開催でした。

みんなカーゴ國府理


國府さんの3回忌に合わせて今回、少しサビが出てきたパラボラをメンテナンスしようと思いました。
せっかくなので、國府さんのファンの方や、生前親交が深かった方にも、作品を通して國府さんの魂に触れるような機会にしたいと思い、メンテナンスを誰でも参加できる形にしたのが「オープンメンテナンス」。

作品が農園に設置されて3年。これまでいろんな野菜を育ててくれたパラボリックファームを、愛情込めてキレイにしていきます。

みんなカーゴ國府理

この日のメインはサビ取り。
残念ながら雨が降っていたため、塗装までは行けませんでした。

そして午後はみんなカーゴWS。

カーゴWSは3時間にも及ぶ、結構ハードなものづくりWSです。
その作業の8割はパーツのヤスリがけ。

みんなカーゴ國府理

この作業は愛着を育てるためにも大切なんです〜!
あとヤスリで角をどれだけ落とすかによっても、ものの表情はかなり変わったりします。
座面をツルツルにしたい、手触りを柔らかくしたいなど、こだわりだしたら結構奥深いのがヤスリがけです。

とはいえ、2時間くらいのヤスリがけは結構疲れます。笑

ひたすらシュッシュ。。。。

みんなカーゴ國府理

パーツが綺麗になったら、そこからは組み立て作業。
このパーツには細かい工夫がされていて、ちょっとした出っ張りが、パーツを取り付ける位置のガイドになっていたりして、ここからはサクサクと形が組み上がっていきます!

みんなカーゴ國府理

みんなカーゴ國府理

個人的には、タイヤのボルトが使われている感じとか、穴のデザインなんかは國府さんらしい感じが出てるなぁと思ってほっこりします。

そうこうしているうちに完成!
早速記念撮影です。
ここが一番盛り上がります。笑

みんなカーゴ國府理

みんなカーゴ國府理

後ろからも!

みんなカーゴ國府理


パラボリックファームを背景に!

みんなカーゴ國府理

このアングルは初めてかも++

今回もこの世に新たなみんなカーゴが誕生しました。
今更だけど、多分世の中に30台くらいカーゴが送り出されているんだけど、シリアルナンバーとかを刻印できるようにしておいたら良かった・・・。と気づきました。

これまで巣立っていったカーゴたちはどんな使い方をされているんでしょうか?
とても気になります。。。

もしカーゴ持っている方がいらっしゃったら、ぜひどんな風に使われているか教えてくださいね^^
こちらのページでお待ちしております。

https://www.facebook.com/minnanouen/


posted by みんなのうえん at 00:00 | Comment(0) | ものづくりイベントレポート

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局